スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

行ってみなけりゃ分らない~コソヴォ~

コソヴォ。

そこはバルカン半島中部の内陸部に位置する地域。

首都のプリシュティナまで、

マケドニアの首都スコピエからバスでわずか2時間半で行けるので

日帰りでふらっと行ってきました。


あまり馴染みの無い国ながら、数年前まで独立を巡ってセルビアと

紛争を起こしていたので、ニュースで耳にしたことのある方もいると思います。


コソヴォ一体は約90%がアルバニア人が占めています。

19世紀後半、民族意識が高騰したアルバニア人が自治権拡大を求めて暴動を起こしました。

その結果、共和国並みに拡大されたのですが、更なる自治権拡大を目指し、

一方でコソヴォをセルビアの一部と見なすセルビア人の民族主義者は自治権拡大に苛立ちを強めました。




これがコソヴォ紛争に発展するんですね。


セルビアは大規模なゲリラ掃討作戦を展開し戦闘員ではないアルバニア人が攻撃を受け、

セルビア側の「非人道的行為」が表面化。ついにはNATOが仲裁に入り、

2008年悲願の独立を果たしたわけです。

といっても、国連に加盟してる国の半数以上が、まだ

セルビア共和国の一地域とみなしているんですが・・・



そんなびみょーな存在のコソヴォ。

歩き方にはほんの半ページ(!)しか載っておらず、ほぼ

情報の無いままやってきました。

↓コソヴォのメインロード
IMG_5293.jpg


きっと、モンテネグロ並みに何もないとこなんだと

勝手に思っていたのですが、(失礼)

確かにあまり見所は無いにせよ、ポドゴリッツァよりはビルも多くてもう少し都会的な雰囲気でした。

↓誇らしげにハタメクコソヴォの旗。
IMG_5324.jpg

NEWBORN の文字。

ボスニアのように銃弾痕のような建物が無いのにも驚きでした。

↓紛争で活躍した?人
IMG_5291.jpg



そして、印象的だったのは、コソヴォの旗と同じくらい国内に掲げられていたアルバニアの旗。

↓おみやげもこんな感じ。
IMG_5294.jpg

↓NEW BORN の文字
IMG_5318.jpg


やはり、やはり住民のほとんどがアルバニア系であるからなんでしょうね。


ツーリストインフォは流石になかったので、大型のホテルで地図を貰い、
博物館へ行ってきました。

↓唯一の見所?
IMG_5308.jpg

↓NATOの援助に感謝する展示。
IMG_5310.jpg


独立に際して、NATOの中心となったアメリカに援助されたからか、

町にはところどころでアメリカの旗が見られたり、

「ビル・クリントン通り」なるとおりがあったりしました。


滞在時間は短かったものの、紛争地帯だった場所の現状を

知ることができ、なかなか充実したワンデイトリップだったのでした。


ちなみに、コソヴォの入国に関してですが、勿論ちゃんと国境の

チェックもあり、スタンプも貰えるんだけそのままセルビアに抜けようとすると、

セルビアではコソボは自国の一部とみなされているので

セルビアの入国スタンプがもらえないらしい。。。

ぁたくすはマケドニアからの日帰りだったので、問題はなかったのですが、

コソヴォからセルビアに行ってからの出国に関しては分からないので、

このルートで行く人は要チェックかもしれません?




<ぷち情報>
○交通情報lスコピエ~プリシュティナ間のバス。
スコピエからは1時間に1本程度の割合で頻発。
所要約2時間半。
片道320デナリ(約640円)
プリシュティナからも同様に頻発。片道5.5ユーロ。



世界一周ランキングに参戦ちゅう~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
ついでにポチッとワンクリックお願いします。
励みになりますよってに~

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
[ 2011/08/17 15:34 ] コソヴォ | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/08/18 13:19 ] [ 編集 ]

Re: なるほど。。。

> イーハーさん。
コメント有難うございます。

はい、まだまだ他の国は認めたがらないみたいですが、早く独立できたら
いいですよね。
そして、願わくば、コソヴォ料理なんてものを確立してくれたら・・・
なんて思います。W
[ 2011/08/19 16:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/98-66dd9fd7






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。