スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボスニア料理とは。

さてさて、次に予定してるは、あまりイメージの良くない?セルビアでございますが。


その前に、ボスニアで食べたものをご紹介。

1国1レストランの巻~


     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ料理とは何ぞや?

きっと想像不可能だと思います。笑

ボスニアの料理はオスマントルコの影響が強いムスリム食であり、

こってりした味付けのものが多く、乳製品や肉がメインです。

特に牛肉・ラム・子羊・豚肉を網焼きにしたり直火で焼いたりして食します。

歩き方に載ってた、雰囲気の良さげなレストランに入ってみました。

↓期待の持てる外観
SARA-REST.jpg

↓おもちゃみたいな店内
SARA-TENNAI.jpg


そして、最もポピュラーなメニューとして、


ボサンスキ・ロナッツというものがあります。

ジャガイモなどの根野菜のシチューでトマト風味。

ボスニアの郷土料理の定番とも言われています。

なんとなぁく読めるメニューを見ながら注文。
menu=sara.jpg

↓こんなのが出てきました!
SARA-REST2.jpg


素敵なアプローチの仕方ですねー。お皿に乗ってるよりよっぽど美味しそうに見えます。

実際、日本人も大好きだろう、トマトシチュー風味で、とても美味しかったんですが。

それから、もう1つの定番、

ソガンドルマこれも、典型的なボスニア郷土料理でたまねぎ+ひき肉、つまりたまねぎの肉詰め。

ここでは、色んな野菜の肉詰めでした。

↓キャベツにピーマン~
SARA-REST1.jpg

日本でも食べれそうな感じですが、少し違うのが、上にヨーグルトがかかっているのと、

(この酸味がこってりしたスープとマッチして美味しい!)

お肉がほぼ100&?赤身肉でした。日本だと合い挽き肉ですね。

赤身のお肉なので、胃もたれもせず、美味しく食べることができました。

そして、締めにボスニアコーヒー!!

これまたトルココーヒーと酷似していて、使ってる道具や飲み方も一緒!

↓小菓子付きが嬉しい
BOS-COFFEE.jpg

これだけ食べて、約1200えんでした。

ボスニアにしては、まぁまぁな値段だったかな?

ついでに作ってたものも載せちゃいます~

↓鶏の煮込み。昔働いてた店の真似して、一切水を使わず、水分は野菜からのみ!で作ってみました。
 うま。(自画自賛)
sa-nikomi.jpg



さて、次は悪者扱い?されてるセルビアへ行って来ます~

また覗きに来て下さい~



ここまで読んでくださった素敵なアナタ!
ついでにクリックしてってくださいな~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/92-f5982d5a






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。