スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旅人が素通りする町

ここはブルサという町。
イスタンブールの少し南にある、トルコで4番目に大きい町です。

トルコを出る予定の日までまだ5日ほどあったので、イスタンに戻る前にちょっと寄り道してみたのです。

一応、トルコの温泉地という名目があるらしいのですが?

朝6時に町に到着。早すぎて、殆ど誰も歩いてません・・・宿、入れるのか?

と思いながら、目当ての宿へ向かう。

  がちゃ

やっぱり鍵かかってる!どうしようと思ってたら、奥のほうからおっちゃん出てきた!

起こしてしまってごめんなさい。

ここ、ブルサは「カラギョズ」という伝統芸能があります。

色のついた、影絵のようなもので、音楽に合わせてストーリーがあり、裏方で

人が操り人形のようなものを動かしながら、物語を語ります。

それが、隣町で2時から上映する模様。

行ってきましたよー!

kara-haku.jpg


町のバスは、ほぼトルコ語しか通じないので、とてもわかりずらいのですが、それでも何とか、

上映30分前に会場に到着。

  がちゃ。。。

!?鍵かかってる!!

苦労してここまで来たのに。。今日は急遽休みなの?と悲しんでると

中から人が出てきた。

カラギョズ見に来たんですけど。

というと、笑顔で迎え入れてくれた~!なるほど、ぁたくす早く着きすぎたのね。

と安心して彼の後につく。。。と、何かスタッフ用みたいな部屋へ連れて行かれた。

そこでは、スタッフのみなさんご飯食べてらっしゃいました!

うわ!ぁたくすめっちゃ邪魔やん!!

とあせあせしてると、皆笑顔でご飯ご馳走してくれた!!

わー。ほんとトルコの人、優しいなぁ。。。しかも今おなか空いてたから、

めちゃめちゃ嬉しいし。

↓メネメンというトルコ料理。うまし。

menemen.jpg


その後、裏方まで見せてくれて、ちゃんと2時から上映始まる。

トルコ語だけど、人形劇なのでなんとなーく雰囲気を味わいながら、観る。

kara.jpg



終わってから、近くにハマム(トルコ風呂)があるので寄る。

温泉の町というだけあって、ハマムはほかの町より多いのかな?と思ってたら、

昔、ハマムだったとこを改装したお店が多いらしい。

しかし、ここのハマムは良かった! 入浴料、たった500円なのに、広い個室

で、タオル3枚もついてくるし、日本みたいな大浴場もあって


この3ヶ月湯船に浸かってなかったぁたくすは大満足で宿に戻りました。

すると、トルコ語がぺらぺらな日本人女性と、学校の教師だというトルコ人の男性が

レセプション近くで話しており、今から、トルコの音楽を聴きに行くから、

一緒に行かないか?とのこと。

えー行く行く!もちろん行きます!

この女性、なんとカラギョズに惚れ込み、会社を辞めて、ブルサにカラギョズを習いに

来たとのこと!!素晴らしい!!1年間ここに住むらしい。かっこいいなぁ。

さて、ついたところは地元のおっちゃんが集う喫茶店みたいなとこ。

奥にトルコの楽器が色々置いてあって、自由に演奏していいみたい。

お店に入る前から、楽しげな音楽と歌声が聞こえてきていた。

トルコの楽器はサズという、弦楽器。

sazu1.jpg


趣味で皆弾いてるみたいだったけど、とても美味く、3時間近く聞きほれてしまった。

sazu3.jpg

↓触らせてもらった

sazu.jpg


連れてきてくれたトルコ人男性は、ブルサがとても大好きらしく、

「観光客はみんな、イスタンブール行って、パムッカレ行って、カッパドキア行って、

 時間がある人はサフランボル行って、そのままヒュッと帰ってしまうんだ!

 ブルサはとても良い町なんだよ!!皆にブルサを好きになってほしいんだ!」


と、無償で、いろんな見所へ連れてってくれ、おいしい店や、安い店など、沢山の情報を

くれたのでした。地元の人に連れっててもらうのは、ホント楽しい。

ガイドブックにはない素敵な場所へ行ける。

この後、セマーという、トルコの伝統舞踊も

見に連れて行ってくれ、とても充実した1日を過ごしたのでした。

↓男性が回りながら踊る。ゆっくりとした舞踊。

sema.jpg

↓見る場所は、男女別なとこが、イスラム圏という感じ

sema1.jpg

↓トルコの花嫁衣裳着させてもらった

yome.jpg

↓2日間一緒に行動したmiyukiさん。
トルコはアジア人もてもてです。このときも、一緒に写真撮らせてください!
と、トルコ人がわらわら寄ってきた。

mote.jpg

という訳で、時間が余ったので、行ってみよという気持ちで行ったブルサ。

とても良い思い出が出来ました。皆さんもトルコに行ったら是非ブルサへー!!
スポンサーサイト
[ 2011/06/10 10:40 ] トルコ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/58-7776294e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。