スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サフランボル

トルコの中部、黒海側にある世界遺産の街、サフランボルにやってきた。

トルコには珍しい木造建築の民家が立ち並ぶ美しい田舎街で、

中世の街並みが残る旧市街が世界遺産に指定されている。


トルコの古い家々が残る可愛い町で、景観を壊さないように、開発がなされているらしい。

早朝、オトガル(トルコ語でバス停)に着く。

昨日、少しネットで調べておいた宿に電話してみる。オトガルから市街までは離れているので、

迎えに来てくれるらしい!?

電話すると若そうな女性が出た。

「hello」

「日本人ですか?」

「!?」

「日本語で大丈夫です」

実はここ、サフランボルで有名な宿、バストンジュの娘さんヤスミンさん

が旦那さんと開いたペンションだ。日本語が話せると聞いたけど、まさかここまで堪能だとは。。。

迎えに来てほしい旨を伝えると、一人でドミトリーだと安いので、自分で来てください。

と言われてしまった・・・

早朝でドルムシュ(乗り合いバスみたいなもの)もなかったので、泣く泣くタクシーで中心地まで向かう。

ヤスミンさんの宿、「エフェペンション」は中心地からすぐ近くにあり、交通に便利。

朝食つきで15りら。(750円くらい)カッパドキアほどではないけど、なかなか安い。

おかみさんのヤスミンは可愛い顔立ちの女性で、これまた天使のような息子と娘がいる。

宿の名前の「エフェ」は息子の名前らしい。本当に日本語ぺらぺらなので、どこで

習ったのか聞くと、お客さんに教えてもらって覚えたららしい。うーん、すごい。

さて、チェックインも済んで、ここのところ移動続きで疲れていたので、ゆっくりしようと思った矢先、

ヤスミンに

「今から、この宿でツアーがあります。あなたが参加するなら、一人頭が更に安

くなりますが、どうですか?」


と持ちかけられる。

行き先は、周辺の見所。メンバーは全員韓国人。自分でも回れるけど、バスを乗り継いで

探さなければいけない手間を考えて、参加することにする。着いて早々。

なかなか体を酷使してますねー。

最初に訪れた場所は、鍾乳洞。生まれて初めて鍾乳洞に入ったので、わくわくした。

400mほど奥まではいることが出来る。終点は地底湖があって、

ドラえもんの映画みたいだなーと思った。(分かる人だけ分かって頂戴)

続いて、絶叫橋と言われる橋。長さ200mで、幅は1m10cm~2m。手すりはないが、向こう岸まで渡ることができる

インジェカヤ水道橋。この橋、ちょうど真ん中あたりで

z型に折れ曲がっており、何故こんな形をしているのか謎のままらしい。

落ちたら死にますよー
って感じなんだけど、高いところが好きなぁたくすは

平気でした。一緒に行った韓国人の子は怖がって渡らなかったんだけど。。。

それから、サフランボルの中でも更に古い町並みが残るといわれているヨリョク

。実際の家を博物館にしてるとこがあって、昔に使っていたままに再現されていたので、

とても興味深かった。最も驚いたのがお風呂で、なんと部屋の中の、壁に備えつけられてる

扉を開けると、中に小さな部屋があり、そこがお風呂!!日本でいう、ふすまの中にお風呂があると

思ってください。びっくり。この博物館にはとっても味のあるおばあちゃんがいて、

結構なお年なのに、足取り軽やかに3階まであるこの博物館を案内してくれます。

最上階で、1段、段差があるところに上って町並みを撮影していると、後ろから

カンチョー
しに来るんだよー!しかもお茶目な満面の笑みで

可愛かったなー。このおばあちゃん手作りのジャムが1階に売ってあって、マグカップくらいの大きさの

ビンでたった2リラだった!!安!しかも手作り!!めっちゃ買って帰りたかったんだけど、ビン・・・

しかも大きくて重い。。。ということで諦めてしまったんだけど、残念ー!!

後は、昔の洗濯場だった場所も見せてもらった。畳4畳分くらいの大きな円形の石が

部屋の真ん中に置いてあって、木の棒でたたいて、洗濯していたという。昔の人は

ホント毎日の雑用にかかる時間がすごく長かったんだなぁと痛感。

まぁ、旅してる間は、ぁたくすも全て洗濯は手洗いしてますが。

ずぼらなぁたくすが。



これだけ回ってもらって、20リラだった。自分でいくよりよっぽど効率的。

参加してよかったー。


サフランボルはその名の通り、スパイスのサフランの名産地。

サフランチャイ
や、サフランピザを食べることが出来ます。

そして、なんと言ってもお土産がめちゃめちゃ安い!!

居心地がいいので、数日のんびりしてみよう。

こうやって、気に入った町にはゆっくり滞在できるのが、一人旅のいいところだ。

スポンサーサイト
[ 2011/06/04 09:12 ] トルコ | TB(0) | CM(6)

ドラえもんの映画=のび太と竜の騎士かな?
[ 2011/06/05 03:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/06/06 00:21 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> よっちゃんさん
そのとおりですー。懐かしい。
[ 2011/06/10 10:25 ] [ 編集 ]

> イーハーさん

お褒め頂き光栄ですー!! でも、ちゃんと考えて行動し始めたのは最近なんですが。W
倹約生活も大事ですが、どうしても、という時は我慢しすぎず、使おうと思ってます。
メリハリが大事ですねー。

もーちさんは。。。良い方だと思います。WWW
私が頑固なのは、もーちさんに似たんじゃないでしょうか?W

そうですね、だんだん物価の高い国へ移動していきます。
先進国ほど、狡猾な犯罪が多いと思うので、更に気をつけていきたいと
思っています。
アドバイス、ありがとうございますー!!

アメリカはどうなんでしょうね?8月半ばに上陸予定です。
引き続き、気を引き締めてまいります!!
[ 2011/06/10 10:36 ] [ 編集 ]

遠い異国の地から(≧∇≦)

ハチサンに(怒)やされましたぁ(笑)(≧∇≦)アチャァ・ 楽しく一人旅を楽しんでるみたいで安心しますなぁ・ こっちは何も変わらずダラダラ仕事に追われてますぅ そうそうハチサン先月に天皇さんが来たときのお昼の弁当作ったよ・なかなか遣り甲斐あったわ!!でも…(式典中に食中毒で倒れゃんか心配やったわ(笑))
[ 2011/06/10 11:51 ] [ 編集 ]

Re: 遠い異国の地から(≧∇≦)

>すっしーさん

へぇ、それはすごいねー!!私も是非食べてみたいわー!!かなり豪華だったんだろうなぁ。いいな。。。
今、チェコに居てるんだけど、東ヨーロッパは内陸部がずっと続いてるから、肉肉肉肉。。で、わたしにも肉がついてきてえらいこっちゃです。魚が食べたいー!
[ 2011/06/13 06:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/57-c4a441ed






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。