スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エフェス遺跡とシリンジェワイン

イスタンブールから南下してみることにしました。

まず向かった先は、セルチュク市。

ここを拠点として、「エフェス遺跡」へ行ってきます。

チェックインした当日はもう昼過ぎだったので、街を散策。

同じドミに泊まってた韓国人の女の子と博物館、アルテミス神殿、その他モロモロへ行ってきました。

まず博物館。

ギリシャ神話にでてくる銅像がいっぱいありました。

↓「エロス」聞いたことありますね。
P1030572.jpg



まぁ。。。ギリシャ神話、全然話知りませんからね。。。

「アフロディーテ」。
P1030567.jpg


あ、聞いたことある。何か湖から出てきた人?・・・このレベルです。

いや、それよりこの展示物が最も気になりました。

art-1_convert_20110509230241.jpg
art-2_convert_20110509230433.jpg

一体昔の人は何を考えていたのでしょうか?



ちなみに、この博物館で1番目玉となってた銅像。

何か卵みたいなんいっぱい持ってますねー。

どうやら女神の乳房とも。生贄として捧げられた牛の睾丸ともいwれてるらしいです。

ou_convert_20110509234035.jpg
ouhi_convert_20110509234209.jpg


それから、世界7不思議、アルテミス神殿!

ここは、もともと神殿が建っていたのですが、現在は柱1本を残すのみとなり、何故

このような状態になったのか分からないという。。。

↓本当に柱1本。知らなければ通り過ぎてしまうようなシンプルさ。

aru-1_convert_20110509230603.jpg
aru-2_convert_20110509230730.jpg

それからこの街1番古いというモスクへ行ってきました。

大体どこのモスクでも建物とちょっと庭があって終わりなんだけど、ここはギリシャ文字が

書かれた発掘物が所狭しと並んでいて、ちょっと博物館みたいで面白かった。

mosk-2_convert_20110509233431.jpg

↓モスクにノボってたそがれるやつ
mosk_convert_20110509233254.jpg

歩いてお腹が空いてきたので、ご飯を食べに行きました。

トルコピザ「ピテ」やさん。その子の持ってたガイドブックがリコメンド。

歩き方には載ってなかったので、やっぱり国によってもリサーチするとこが違うのね。

さてさて、このピテなんですが、とても薄い生地で、ミンチとチーズが具のシンプルなものなんですが、

これめっちゃ美味しかった!!生地ももっちりして美味しいんだけど、この具が、

シンプルなんだけど食べたことのない味で、感動!ミンチなんだけど、なにやら

下味を加えてるような味で、本当に美味しかった。そしてめっちゃボリュームたっぷりなのに、

たった250円!幸せ~~。二人だから2種類食べれて更に幸せ。
pite_convert_20110509234501.jpg


今日一緒に行動した彼女は翌日早朝、違う町へ旅立っていきました。

すごく話しやすくていい子だったな。旅は出会いと別れの繰り返し・・・

↓盗み撮り
mia.jpg


さて、ぁたくすは本日メインの エフェス遺跡へ向かいます。

歩いて40分ほど。バスも出てるんだけど、びんぼーにんなんで、ウオーキングオンリーですね。

てくてく向かってると、なんとばったり、ヨルダンで一緒に死海に行った子と会いまし

た!!
えー、シリアに向かったんちゃうの!?

偶然!めちゃびっくり!!なので、一緒に遺跡向かうことにしました。話しながら

だから、道中暇じゃないわ~。

エフェス遺跡は、その保存状態の良さにまずビックリ。

efes-1_convert_20110509231310.jpg


1つの街だったようで、劇場から図書館から娼館から色々残ってます。

↓ローマ劇場
efes-2_convert_20110509231501.jpg

↓ローマ劇場内にあった警告。「落ちますよー」
otiru_convert_20110509233911.jpg



↓図書館
efes-lib_convert_20110509231618.jpg

↓壊したのはお前かー!!

kowashita_convert_20110509232433.jpg

楽しく観光した後は楽しいお食事の時間です。

近くのケバブやさんへ行きました。

↓仕込み中
kyofte_convert_20110509232608.jpg


さて、お友達が

「はちさん今から何するの?」

「ん~、特に予定はないけど?」

「シリンジェ村に行かない?」

シリンジェ村とは、今の街からバスで30分くらい走ったとこにある小さな村で、

オリーブとワインが特産物らしい。古い町並みで、第二のサフランボルと言われている。

(サフランボルとは、昔のトルコの家がそのまま残ってある街で、町全体が世界遺産になっている)

この日は天気が悪く、あまり使えるお金もなかったので、正直悩んだんだけど、

一人じゃ行かなかっただろうから、誘いに乗ってみる事にしたんだけど、これ本当に行ってよかった!

まず、おもちゃのように可愛い町並みで、道沿いに特産品を売る店がずっと並んであって、

歩いてるだけでとても楽しかった。

matinami_convert_20110509232930.jpgmayinami-2_convert_20110509233106.jpg
shirin_convert_20110509234629.jpg
si-2_convert_20110509235101.jpgshirin-2_convert_20110509234752.jpg


↓猫がいっぱい
nya_convert_20110509233613.jpg

↓オリーブオイルもいっぱい
olive_convert_20110509233730.jpg


確かにすごーく小さな村で、見所は30分もあれば周ってしまえるくらいだったんだけど、

その小ささがまた 御伽噺の世界に迷い込んだようで、小道に入るたびにわくわくした。

↓角を曲がったらどんな風景に出会えるかな?
komiti_convert_20110509232257.jpg


それでですねー、特筆すべきは特産品のワイン
>!!
果実を原材料としていて、いちじく、イチゴ、ブルーベリー、クランベリー、

・・・と

フルーツワインがとても豊富!どれでも試飲させてくれるので、

ありがたく飲ませていただいたんですが、ちょっとこれ今まで飲んだことのない美味しさ!!

口をつける前にその甘い香りが鼻腔を刺激する。あまりの果実っぽさに、味にとても

期待するが、その期待を裏切らないどころか、更に感動を呼び寄せる味だった。


一緒に行った友達は、お酒あんまり飲めないのに、

「ちょっと僕、これ買って帰ります!」って言った位、本当に美味しかった。

winw-1_convert_20110509235521.jpg


↓ボトルも可愛い
bottle_convert_20110509230851.jpg


楽しかったなーこの村、行ってよかった!

誘ってくれた彼に感謝!

帰ってからは、宿のオーナーさんがご飯を作ったので一緒に食べようと誘ってくれた。

わーい、トルコの家庭料理!オリーブが特産だからか、茹でた野菜とオリーブオイルを混ぜた

シンプルな味だったんだけど、オリーブオイルの香りがとても強くて、それだけで最高の

調味料となっていた。幸せな1日だったなぁ。

kateirhori_convert_20110509232125.jpg

↓トルコチャイ。このグラスで飲んだら、何故か数倍美味しい。
cyai_convert_20110509231137.jpg


↓宿のままさん、ジブリ作品に出てきそう。
mama_convert_20110509232749.jpg


スポンサーサイト
[ 2011/05/20 07:24 ] トルコ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/53-0a1746b7






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。