スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新・世界七不思議~ぺトラ~

ブログの更新日時を間違えてしまったので、ヨルダン編がインド編の前になってたんで。
(ブログを見てくれた方に教えられて知ったという・・・)
ヨルダン編を3幕続けてご覧下さい。笑


ヨルダン上陸→死海→ペトラです


さぁーやってきました。ペトラ遺跡!

5日しかヨルダンにいないため、日帰りで行けるなら。。。

思っていたのが、

絶対やめたほうがいい、遺跡回るだけでも一日かかる

とアドバイスをいただいたので、

日本人びいきの優しいスタッフ・ルアイに頼んで、

1泊する間荷物を預かってもらうことにしました。

他のホテルだったら、預かり料とかいるよね、ホントありがたい。。。

パソコンと、1日分のあれこれ持って出発。

行った先は、ペトラで有名な安宿’バレンタイン・イン’

1泊3JD(330エンくらい)で、特筆すべきがここのディナー!!

5JDで、ビュッフェなんです!


しかし、コウダホテルの情報ノートにはここの悪口ばっか書いてあった。

ごはん美味しくないやのオーナーの愛想が悪いやの。


しかし、ぁたくすは全くそんな風に感じなく、

ご飯は野菜があまり取れない毎日の食事のなかで、

あれだけの野菜が食べれるなんてそれだけでサイコーで、

どれもこれも普通に美味しかったし、ぁたくすがちろっと

料理をしてたことを話すと、


ここで働いてくれ、給料いくらがいい?


とか言ってきて、そんな雰囲気悪いと

は感じなかったー・・・って、宿の話になってますやん!

↓すごい量!
vikng_convert_20110514182809.jpg

ちゃうちゃう、ペトラ遺跡ですよー!!

新・世界の7不思議
として選出されています。

皆さんご存知、インディージョーンズの舞台になったとこです

50JD!(5700エンくらい)という ありえない値段のチケットを買っていざ出発。

しかし、この入場料、去年までは30JDだったらしく、この値段の

あがりようはナンなんだ?

しかも、ヨルダン人だと1JDらしく、差がありすぎるやろ!どんだけぼってるねん

って感じなんですが、その分楽しんでこようやないかい。

この町は非常に小さなまちなので、観光に頼ってるんやろなぁと思いつつ、出発。

サンライズを見ようと5時に起きる。徒歩45分くらいらしいから、いけるいけると思いつつも、

3分の一もきてないとこで断念。ヒッチハイクに切り替える。

思い立って、親指を立てたところで、すぐに車が止まった。

なんだー簡単じゃーん、と乗り込んで、ぺトラまで連れてってもらう。

そして、降りるとき、お金を請求され

これはヒッチハイクだよー!
と叫んですり抜ける。。。

さて、この値段に見合ったものではないとか散々な評価を受けている

遺跡ですが、どんなもんやら?

↓ゲートを抜けてすぐ。遺跡へ向かって歩きます。

pe1_convert_20110509051130.jpg


門をくぐると、砂地が続き、だんだん岩が見えてくる。細い岩の通路を奥へと進む。

p-2_convert_20110514181319.jpg

すると・・・

現れましたエル・ハズネ

これこそ、
インディー・ジョーンズ/最後の聖戦に使われた場所!eru_convert_20110514174006.jpg

ペトラとは岩を意味し、柔らかい砂岩を削って造られています。

近くで見ると、あまりに綺麗に対照に造られているので、

本当に削って造ったのかと思ってしまいます。

周りが荒々しい岩のままなので、それが更に不思議な光景を増長させます。

それから、道なりに歩いて行く。

砂漠地帯なので、膝からしたが砂まみれになる…

ペトラ遺跡は、とても広い。

全てを見ようとすると、一日ではとても足りない。


なのに、公開されているのは、全体の1%にすぎないという…


そして、そんなに広いのに、一切地図がなく、

あるのは、所々にある簡単な看板だけ。



えー。迷っちゃいますね。大丈夫ですかね.…

色んな方向に道が伸びていて、さっぱり分からん。

でも、数人が歩いている方向と同じだろうと、ついていく。

その道は、遺跡観光というよりトレッキングと呼ぶに相応しい道で、


急な坂、何十段と続く階段。

その上日が照ってきて、暑いのなんのって…

後どれだけで、ゴールが見えるのか分からないので、ほんと、修行のようでした。

そして、そんな険しい山道を登ること訳1時間…

trking_convert_20110514182552.jpg



ようやく頂上に、辿り着く。下のエルハズネの倍くらい

ありそうなエド・ディルとご対面!!

si-1_convert_20110514182339.jpg


誰が何の為に作ったのか謎のままだという。

世界7不思議のひとつになるはずだわ。

目の前にカフェがあるので、30分くらいぼーっと眺めてた。


周りをくるっと見渡してみると、上のほうに人影が見える。

おーあんな上まで登れるんか。ちょっともうくたくたなんだけど、頑張って登ってみよう。
kesik-3_convert_20110514181131.jpg


・・・頂上は、すごい景色だった。遠くのほうまで日本にはない荒々しい山が

広がっていて、もう、見渡す限りそれ以外何もない!

ちょっと下を見てみると深い谷底になっていて、こんな大自然を目の前にすると、

悩みなんてちっぽけなものに思えてしまう。

kesik-2_convert_20110514180827.jpg
kesik-1_convert_20110514175929.jpg
kedsik-2_convert_20110514175733.jpg


↓振り返ると神殿があんなに小さく見えた。

s-+2_convert_20110514182107.jpg


来た道をゆっくり降りる。いつの間にか午後になっていた。昼過ぎからは

たくさんの観光客が来たので、早起きして良かったと思う。

↓ラクダの形の岩
camel_convert_20110514173408.jpg


帰り道、岩がすごくカラフルな模様になっているところがあった。

これが自然に出来たなんて信じられない!まるで絵の具で塗ったように

綺麗で・・・ペトラの砂がピンク色なのはこういう訳なんだあなぁ。

isi-1_convert_20110514174315.jpg
isi-2_convert_20110514174707.jpg

↓何か変な人が住んでますねー
isi-3_convert_20110514174834.jpg


最も、岩が何故こんな色になるのかは分からなかったんだけど。。。

またまた自然てすごいなぁ。って思いながら帰り道をてくてく

歩いていると、ロバに乗った少年に話しかけられる。

遺跡内はロバやラクダで回ることも出来る為、道を歩いてると、

「乗らない?」と何度も声を掛けられる。もちろんお金かかるので、

今回もいいよー歩くからーって断ってると、

「僕のお母さんは日本人なんだ、君日本人?そうならただで乗せてあげるよー。」

何!?ほんまでっかー。実は旅の思い出に乗りたいなーなんて思ってたんだよね。

まぁ100%アラブ顔なので

ハーフってきっとウソだろうとか思いながら
 (失礼)

好意に甘えさせてもらう。

彼の乗ってるロバと、ぁたくすが乗せてもらったロバは

ロープで繋がれていた。支えてもらいながら、背にまたがると、プーンと獣の匂いがした。

楽かと思いきや、腹筋を使いながら落ちないようにけっこう必死にしがみつかなきゃ

駄目で、ちょっと怖かった。平坦な道ならともかく、階段を下りたり登ったりするもんだから

一回下りでお尻がロバから離れ、前につんのめりそうになった時は、ホントに落ちそうでめっちゃ

叫んでしまった・・快適とは言えなくても、ジプシャンと山の上をロバに乗って移動するのは

旅情を誘ってとても良かった。

jipusyan_convert_20110514175540.jpg
jipu-2_convert_20110514175408.jpg


ね。ここまでは良かったんですけどね。

始めは観光客用に整備された道を通ってたんですよ。それがだんだん

険しい道になってきて、ロバもどう動いていいかわからず何度

も立ち止まるような道といえない道になってきて、だんだん不安になる。

「ねぇ、あたし帰ろうとしてたんだけど、ここどこなん?」

「分かってるよ、チケット売り場に向かってるんだ」

・・・・・。

後から分かったんですが、彼は一山越えて、ぁたくすを案内してくれた模様。

険しい険しい道をロバから落ちないように必死でしがみつくこと30分。

途中で、彼は、

「ごめん、降りてくれる?こいつ疲れたみたいなんだ。」

と・・

えー。。。ぁたくすが降ろされたところはなんていうか。。。

完全にジプシャンが自分らしか通れない、通らないような所でして、ホントに山の上。

山というか岩というのか。あのエルハズネの上に登りました。って言ったら何となく伝わるのか。。。

ほんま360度草木も生えてない茶色の岩山。砂漠の真ん中にいたら絶対こんな気分やわ。


しかもここで彼、

「じゃあチケット売り場はあっちだから」と何も見えない方を指差した。

いやいやいや待て待て待て。
分かるわけないだろうそんなの!ちゃんと案内してくれ!

そしたら彼はうーん分かった。と前を歩き始めたんだけど、

またその道の危ないこと。ロッククライ

ミングですよ。命綱のない



山肌がざらざらしてたから何とか滑らないように登ることできたけど、

これ足踏み外したら確実にぁたくすまっ

さかさまに落ちて死にますよね?
みたいなところを登り・・今こうやって書いてますが、こ

の時はほんまにめちゃめちゃ必死だった。分かります?70度くらいの角度のある

崖のような山を登ったんですよ・・・ほんま怖かった。

いつも登ってるだろう彼は大丈夫大丈夫~なんていってたけど、

そらあんたは大丈夫かもしれませんけどね!!

やっと遠くに観光客がいっぱい歩いてる道を見つけたときは心底ホッとした。

彼に複雑な気持ちでお礼を言い、一気に駆け下りる。

あまりに焦っていたので、写真を撮らなかったの後悔だー。

そして、おかしな方向から出てきたぁたくすですが、何食わぬ顔で

観光客に混じり
帰路へ着く・・

あーーーー疲れたーーーー(イロンナ意味で)

今日はものすごく印象に残った1日となりました。(これまたイロンナ意味

で)
ペトラに行った方はジプシャンと一緒に山越えをしてみて下さい。

生きてることが実感できる体験が出来ます・・・

↓帰り立ち寄ったお土産やさんでアラビックスタイルに巻いてもらった。
arabi_convert_20110514171545.jpg



↓宿から見た夜景
yakei_convert_20110509063920.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/05/14 17:00 ] ヨルダン | TB(0) | CM(4)

ペトラ遺跡すげ~!

いや~、すごいですねっ!!
いいな~。
入場のあがり幅にはビックリですけど、
ヨルダンは現地の方でもお金取るんですね。
カンボジアのアンコール遺跡群は現地の方はタダですし。

この前行ってきたグランドサークル(グランドキャニオン他)の、
1泊2日現地ツアーは545USドルでした。それでも一番安い会社。
ドル安とは言え、2日で約45000円は辛かった。。。
[ 2011/05/15 13:14 ] [ 編集 ]

アラビア人もびっくりなくらい
衣装が似合うね(笑)

元気そ 
[ 2011/05/15 23:03 ] [ 編集 ]

Re: ペトラ遺跡すげ~!

> hirokiさん

はい、確かによかったんです。。。しかし高すぎるしょう!?
ヨルダン人もビックリですよー!!

グランドキャニオン行かれたんですね!いいなぁぁ!!やっぱりすごかったですか?
しかし、その値段は私には支払い不可能です。。。ふふふ。。。
[ 2011/05/19 05:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ともさん

そうですか??
ありがとございます^^
あの巻き方をマスターしたので、帰ったらともさんにも巻いてあげますね^^
きっと似合いますよー!!
[ 2011/05/19 05:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/50-cebbeb73






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。