スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アーグラにやってきた。

現在、インドはアーグラにいております。ここに来るまでもちとハプニングが。。。

まず、ニューデリーからの出発。早朝5:00発。乗り込んだはいいが、

3段ベッドになってるこの寝台車。

背の低いぁたくすでも、座ることの出来ない天井の低さ。。。狭い・・・

しかも、これは指定席なのに、ぁたくすの席に堂々とおっさんが寝ていた・・・

おいおいおい・・・

どいてっていったら眠そうな目をこすりながらどこかへいったけど、本間さすがインドだわ・・・

で、列車が出発し始めてから思った。

「アーグラって終着駅だっけ・・・」


あーまずい。


もし違ったら、降りる駅分かるんかいな。降り過ごしたなんて、考えたくもない。

一応チケットを確認して到着予定時刻の30分前にアラームセットしてから仮眠。

午前8:30、起床。

・・・これまでにも、何回か列車止まってたよな・・・うーん、これ絶対終着駅じゃないね。このままじゃマズイね。

だって、駅、全てヒンドゥー語で書いてあって、さっぱり分かんないんだもん。


しかし、同じコンパートメントにいてる人は皆寝てる。誰かに聞かなくては・・

車内をうろつくと、一人のインド人と目が合った。

「これ、アーグラが最終駅ですか?」

「違うよ」

「・・・・・!!」

「アーグラには何時ごろ着きますか?」

「次の駅だよ」


「ありがとう」


聞いてよかった・・・!!アブナイアブナイ。

念のため、起きてた数人に確かめる。次の駅で合ってるみたい。

でもこの電車何も無いとこでいきなりスピード落ちたりするから気が気じゃない。

そして、何だか大きそうな駅で停車した!きっとここだ!

先、駅にいてた人に確かめる。合ってたので、慌てて荷物を取りに戻って、

無事アーグラに到着。

さてさて、まずはホテルを探さなくては。

駅ではやっぱりリクシャワーラー(リクシャを運転する人)がわらわら寄ってくる。

↓インドの足、リキシャ

toktok_convert_20110421071954.jpg

70RPで連れて行くというのを50に値切って到着。後で宿の人に聞くと、50は

相場だったらしい。この時乗った、リクシャワーラー、日本人が大好きみたいで、彼に

アーグラを案内してもらった人の日記が彼のリクシャに置いてあった。

’始めは疑ってたけどいい人です’

’彼に案内してもらってよかった’

’色々連れてってくれて良かったです’


ほんとかなぁ?

で、歩き方に載ってたとこに行こうかと思ったけど、いいとこ知ってるよ!

という彼に、とりあえず連れてってもらうことに。理想は150RPの部屋だったけど、200の部屋を

180に値切って交渉成立。ダブルベッドの広い部屋だった。(大体350エン)

チェックインしてから、ガイドについて交渉開始。彼は二日間で1200RPと

言ってきたんだけど、今の駅からホテまでの料金も含めて1000にしてもらった。

でも、これでもたぶん現地からしたらいい値段だった筈。

まぁ、色々回れるみたいだし、良しとしよう。

やっと念願のタージマハールだぁ!!

↓ホントにいいやつなのか?
 ナゾノ男。ミスター中村。またの名をスーパーマン

nakamura_convert_20110421072447.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/04/19 05:27 ] インド | TB(0) | CM(2)

タージ・マハルぃぃなぁ[i:63942]

あの宮殿は俺も見てみたいなぁ気を付けなよ見てきてなぁ♪
[ 2011/04/21 15:39 ] [ 編集 ]

Re: タージ・マハルぃぃなぁ

>すっしーさん
綺麗でした、とても。
でも、やっぱり町歩きのほうが楽しいですね。
人との触れ合いが、旅の醍醐味です(^^)
[ 2011/04/23 04:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/40-c9a63541






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。