スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カンボジア 2日目

さて、カンボジア2日目です。

昨日行動を共にした皆は、今日でラオスに渡ったり、プノンペン

へ行ったりするので旅立つ時間もバラバラで、今日、ぁたくすが

行こうとしている遺跡 「ベンメリア」 は遠いので、別行動で

ぁたくす一人で行ってきました。

シェムリアップから焼く80km、車で1時間半ほどの所にあります。

連れてってもらったのは、昨日と同じ運転手。

カンボジアの人たちは、皆個人でドライバーをしているのか?

「明日、仕事が欲しいんだ!」

と必死でした。

ベンメリアまではツアー会社に頼むと40$くらいで、この彼が提示してきた

値段は20$!

やっぱり個人は安いのね!

でも、手段はバイクタクシーといって、その名のとおり、

バイクの背に乗って連れてってもらいます。ヘルメットももちろんなし。

めっちゃ怖いんですけど・・・しかも長時間・・・お尻も痛いし、直射日光で絶対焼けるだろうし、

排気ガスも思う存分浴びるんですけどね・・・


まぁ仕方ない。

ベンメリアは何を隠そう、あの 「天空の城 ラピュタ」 の舞台となった所。

ジブリ作品の中でこの物語が最も好きなぁたくすは、どうしてもここにいかねばなるまい・・・

昨日、たんと遺跡を見て、多少満腹気味なので、大丈夫かな~

なんて思ってたんだけど、タ・プローム同様素晴らしい場所だった。

深い森に囲まれた所にあり、ここもまた草木に埋もれ、木の根が遺跡を

覆っていた。周囲にはまだ地雷が埋まっており、2001年に、

ようやく外国人に開放された。他の遺跡は修復作業がなされているが、

ここは全くの手付かずで、崩れ落ちた石にそのまま苔が生え、

まさに幻の遺跡と呼ぶにふさわしい。


be1_convert_20110330190251.jpg


遺跡に一歩足を踏み入れると、現地の女の人が近づいてきた。

どうやら案内してくれるらしい。

一応、見て回れるように、木で出来た簡単な足場はあるのだけど、

この女の人が案内してくれたのは崩れた遺跡の上をそのまま歩く、

山登りならぬ岩登り。足を踏み外すと怪我するので、一歩一歩

確認しながら後について進む。日本人や中国人の団体のツアー客が

ガイドと共に回っていたが、一人でなければ、このルートは絶対

通れなかっただろう。狭い穴を通り抜けたり、アスレチックをしている

みたいだった。

be-gai_convert_20110331110957.jpg


↓「木の根が・・・こんな所まで・・・!」  ムスカの台詞が思わず思い浮かんだ
be2_convert_20110331105843.jpg


ポル・ポトにより、無残な姿になってしまったが、それでも圧倒的な

存在を確立し続ける遺跡たち。

当時はどんな姿で、どんな人たちが居たのだろう、と過去に思いを

馳せながら後にする。

↓ラピュタに出てきたような回廊

be3_convert_20110331110135.jpg

be4_convert_20110331110353.jpg
be5_convert_20110331110621.jpg


戻ってから、ドライバーにお腹空いてるなら食べていきなよ。

と言われたので、目の前にあった食堂に入った。

カンボジアの料理はクメール料理。

独特のスパイス使いをしており、他のどの東南アジアの

国とも似ていない。豊富に捕れる魚料理が美味しい。

ということで、代表的な「amok(アモック)」を食べてみました。

amok_convert_20110330184433.jpg

何種類も使ってあるだろうスープで野菜や魚を煮てある?のかな。

見た目よりもあっさりしていてとても美味しかった!



それからドライバーに次はどこにいく?と聞かれたのだけど、ベンメリア以外

予定を決めてなかったので、この周辺で、お金の要らないオススメスポットに

連れてって。と言ってみたら、あんまりこの辺りにはないいけどなぁ・・・と困っ

た顔をしながら、どこかへ向かってくれる様子。

行きとは違う、全く舗装のされていない、でこぼこの赤茶けた

道を走ること45分・・・途中、何度も道を尋ねていたので、

おいおい大丈夫か?

と不安になりながらもたどり着いたその場所はすごかった。

傾斜30度はあるんじゃないの!?というような山道を

登り、次は500段くらいあるんじゃない!?というような

どこまで続くのか先の見えない階段を登りようやくたどり着いた
その場所はシェムリアップを一望できる素晴らし

い景色が目の前に広がる。

sanjyou_convert_20110331115855.jpg



素晴らしい景色に出会うたびにいつも思うんだけど、目で見るそのままを

写真に収めることが出来るといいのに。美しいと思ってシャッターを

切っても、写真の中の風景は半分以下になってしまう。伝えられないのが

残念・・・

そこからまた少し山を登ってたどり着いた場所には、こんなところにこんなものが!?
というような遺跡があった。それから、元ポル・ポトの兵士で、戦争が

終わってからずっとここに住んでいるという、おじいさんと・・

彼は、案内すると行って、自分の小屋から、アーミー時代の服と帽子を持ってきて

身につけ、ぁたくすたちの前を歩き出した。

彼が連れて行ってくれた場所は、戦争の後が生々しく残る壊れた寺院と、防空壕のような

穴だった
。彼はカンボジアの言葉しかしゃべれず、ぁたくすは英語がままならないので、

きちんと説明は聞けなかったけど、今でもまだ使う事ができる戦車が置いてあったり、そこが

悲しい場所だということは容易に感じることが出来る。

このおじいさんは一体どんな人生を生きてきたんだろう?カンボジアの山の中を、

元ポル・ポトの兵士と、カンボジア人と3人で歩いているのは、

何だか現実とは思えなくて、とても奇妙な感覚に襲われた。

ぁたくすたち3人しか居ないこの遺跡は、観光地化してしまっているどの遺跡よりも真剣に

時代背景を考えることが出来た。

saku1_convert_20110331114959.jpg
saku2_convert_20110331115459.jpg


おじいさんに果物をもらって別れを告げる。

gunnjinn_convert_20110331111618.jpg


あまり時間がないのでカンボジアは今日でもうお別れだけど、とても

いい思い出が出来たと思った。

また時間をかけて、カンボジアのことをもっと勉強して、もう一度

この場所を訪れたい。


↓これなんだと思いますか?

gasosuta_convert_20110331111420.jpg








答えはガソスタです。

↓給油中・・・
kyuyu_convert_20110331113825.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/04/03 03:16 ] カンボジア | TB(0) | CM(4)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/04/03 10:33 ] [ 編集 ]

ベンメリア、懐かしい~。

バイタクとはなかなか・・・。
という私もトゥクトゥクで行きましたが(笑)
[ 2011/04/05 22:16 ] [ 編集 ]

>イーハーさん

ちょっと、インドは手ごわすぎですね。だまされまくってトラブル続きです。なかなかネットも繋がらないので、全然ブログをアップできず。。。

でも、インド人のバイタリティーさには毎日驚かされてます。インドを制覇できたらどの国でも大丈夫だと。ある旅人の言葉は事実かもしれません。w
[ 2011/04/07 17:49 ] [ 編集 ]

> hirokiさん

さすがですねー行ってこられてましたか^^
今、インドはアーグラですが、インド人は。。。すごすぎます。いろんな意味で。
カルチャーショックの連続です・・・
[ 2011/04/07 17:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/34-46a98c55






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。