スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二度目のインドはムンバイから♪

さてさて。

カレーの国に来ました。

もとい、

インドに来ました。


シカゴからニューヨークへ3時間。

JFK空港でトランジット6時間。

そして、目的地ムンバイまで

15時間のフライト。


しんどそうですねー。


聞くだけで行きたくなくなりますねー。


今回は前回と打って変わって

エコノミー3人シートの真ん中。

トイレに行きにくく、

シンドイ筈なのに、何故か落ち着くw



定刻通り、午後9時50分にムンバイ国際空港に到着した。

ムッとした熱気が肌にまとわりついて、

インド独特のマサラと香水の入り混じった匂いが鼻をつく。


あぁ、前はとてもビクビクしながら降りたったなぁ。

と三年前の初めての一人旅を思い出した。

世界一周の時とは違い、

今回は短期間な為、あまりお金を制限しない。

空港から市内へ、公共期間は乗り入れていないので、


プリペイドタクシーを使うか、

リクシャー→ローカルトレインか

どちらかのチョイスになるのだが、

リクシャーだと勝手に違う場所へ

連れていかれたりして面倒なので、

迷う事なく、タクシーにした。


うーん、旅のスタイルが違うなぁ。

以前だと楽より安いを取ってたんだけど。


↓空港前にぎっしり停まってるタクシー
20140214063226b6d.jpg

↓空港を出て、すぐのとこにリクシャーがたむろってた。
ここで拾うんだなー。
201402140632269c8.jpg



早々明日に、アウランガーバードへ

移動予定な為、宿はバス停近くに取る事に。

あわよくば、ギリギリ夜行バスが

あったりしないかと思ったんだけど、

バス停で聞いてみるも、

Gone.

時間はすでに夜の11時45分。

やっぱ無理だよね。


そして、以前だったらどんなけ

歩いてでも宿を自分で見つけたんだけど、

もう夜遅かったし、大移動で疲れていたので、

話しかけて来たタクシーのおっちゃんが

連れてってくれた、

彼曰くGood hotel!


に泊まることにした。


ムンバイは大都会なので、

総じて宿代が高い。

始めは、また変なとこ連れてかれるんじゃないだろうなぁ、

と思ったけど、部屋を見てみて

ホットシャワーが出ることで、即決。


寝れたら何でもいいさ。


という訳で、たぶん少しボラれてるんだろうけど、

小さなことでガタガタ言わず、

大人になったぁたくすは、

次の日に備えてさっさと就寝したのでした。


↓インドではごく普通のシングル。
201402140632267e5.jpg


《ムンバイぷち情報》
空港から市内へ
プリペイドタクシーで
ムンバイセントラル駅まで450Rp(約750円)

ムンバイの宿
Hotel S.R.K.
住所:Rahim villa,10 khetwadi,near Alfred cinema,grant rd.Mumbai 400004
チェックアウト:10時
値段:700Rp(約1200円)/ACなし
ホットシャワー、タオル、石鹸あり。
Wi-Fiなし。
※お湯は出たり出なかったり。
寝るだけには何の問題もなかった。
宿は旅行会社を兼ねていて、
バスやツアーの予約をしてくれる。
スタッフは愛想良かった。



世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
大人になったのか、計算が面倒になったのか⁇
一票お願いいたしまっす!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
[ 2014/02/18 06:25 ] インド | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/281-83b6eafc






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。