スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これを見ずして・・・

バガンでおばはんとやりあった後は、

もう目の前にせまったフライトの為、

ヤンゴンに戻ります。

最終日にヤンゴンで必ず行きたかったとこ!


それはシュエダゴォン・パヤー!


ここにいかずしてヤンゴンに行ったと言うなかれ!




どこぞの言葉をぱくってみましたけどね。

いや、それほどまでに

素晴らしい場所でしたのよ。


とるさんは、もう何回も行ってて

それなら誘うの悪いなー。と思ってたんだけど、

いや、あそこは何回行ってもいいから。

ってゆうてくれたので(ほとけさんのようや~)

お言葉に甘えて一緒に行って貰ったんですわ。


一体どんなとこなんでしょ。

ミャンマー国民憧れの地・シュエダゴォン・パヤー。


↓こんなとこ。
P1230057.jpg


何を隠そうこれはね、ミャンマー初日に空港から

向かうタクシーの中から撮ったんですよ。

なので、なんだかズレテますね?

でも、こんなものがいきなり街中に現れたら

びっくりしますよね。

そらカメラも向けたくなる!いくら構図がとれずとも・・・

そのあまりの大きさに

舌をくるくると巻いてしまったぁたくす。

その黄金に輝くパヤーが目の前にあります!


早速はいってみましょー!

↓南参道口の正面
P1240326.jpg

↓皆熱心にお祈り中
P1240327.jpg

↓とても美しい装飾
P1240329.jpg


ここ・・・ものすっごいですよ?

あんなにきらきらしてて、あんなに広くて。

いやほんとびっくりでした。

歩いてても圧倒されまくり。

確か、タイの仏塔でもこんなに広いとこあったけど、

この美しさは他では見なかったなぁ。

こんなすごいものが国民の寄付だけ

出来てるなんで、すごすぎ。

ミャンマーの人たちはどれだけ信仰心が篤いんだ・・・

↓外人さんこーゆーの大好きだろうな。
あ、ぁたくすも外人か・・・
P1240338.jpg


ぁたくすたちは夕方4時ごろから行ったんだけど、
(日中は裸足で歩くため、暑くて熱くて参拝どころじゃないのだ)

日が完全に落ちてしまうまでずーっと居た。

それこそ1日中居ても、飽きないんじゃないかって

くらい、ここには不思議な魅力がある。

とるさんが、何回行ってもいいんだよーって

言ってたのが分かるなぁ。


↓これは・・・守り神?しっぽ食べてるけどw
P1240339.jpg

↓皆で掃除してる姿を見かけた
P1240342.jpg

↓金色に輝く仏塔を見ながら、なんて
掃除する手にも力がこもる気がする
P1240362.jpg

マハッティーサダの釣鐘。
重さ、何と42トン
P1240348.jpg

↓お坊さんもお祈りしてます
P1240374.jpg

↓一緒に写真撮ってもらったら、
手を繋いでくれた!何かご利益ありそうな・・・
P1240390.jpg



ゆっくり1周してたら、だんだん日が暮れてきた。



↓暗くなるとその存在感がさらに強く感じられるのよ。
P1240400.jpg

↓月がかかったその姿は、とても幻想的。
P1240393.jpg


辺りが真っ暗になったら、シュエダゴォン・パヤーは

全体がライトアップされるんだけど、

ほんとその美しいこと。

全体が金ぴかなので、ほんっとーに華やか!

↓きらきらきら
P1240416.jpg

↓きんきらきら
P1240418.jpg

どこを見渡してもきらきらきら。

P1240426.jpg



綺麗です。

ずっとここに居ても飽きないくらい、綺麗です。

夜に来て良かった・・・

も一つ夜に来ると、素晴らしいものが見れるのよ。

何を隠そう、このシュエダゴォン・パヤー。

何と、塔の最頂部には76カラットのダイヤモンド
輝いているのです。
  (どんな大きさか想像もつかないが・・・)



それがね。


夜になると、ライトアップされて、

光り輝いてみえるのよ。




でね。




すごいことに、少しづつ場所をずらしてみると、

光の色が違うの。




オレンジ・白・・・






めちゃくちゃ綺麗ですよ?

これ、見ないと損ですよ?




↓このてっぺんにそんな仕掛けが。
P1240423.jpg

どおりで、皆変なかっこしながら空を見上げてるわけだ。

納得。

↓願いのこもったろうそくたち
P1240440.jpg



教会やモスクと違って、

仏さんを目の前にすると、

なんとなく手を合わせてしまうのは、

やっぱり小さい頃からの習慣というか、

ぁたくすの中には仏教に近いものが

根付いてるんだな。と思いました。

何か、「宗教」というと、

=変人とか、悪いものみたいな風にとられることが

あるけど、

神様が見てるから。

ってので、いいことしてみたり

徳を積んでみたり、するのは、

とても大事なことで、

そういうのが段々薄れてきてるんじゃ。

って思う。

宗教を大事にするって、いいことだよな。

まぁ、それが行き過ぎちゃったら、

おかしな方向に進むんだけど・・・。


そんなことをもにょもにょ

考えた仏教国・ミャンマー。


とうとう、この地を後にします。

↓ヤンゴン国際空港
P1240473.jpg


未知の国だったミャンマー。

そこに生きているのは、紛れもなく、

自分たちとよく似た

考え・価値観をもつ人たちでした。

しかし、この素朴で温かいミャンマーの人たちも、

バガンの例のように、

外から情報が入ってくることで、

段々変わっていくんだろうか・・・

変わらないでほしい。

そう思うのは、エゴだろうか。


↓ばいばい。またいつか。
P1240482.jpg



世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
きらきらに圧倒されたいでしょ?
一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
[ 2012/11/13 12:30 ] ミャンマー | TB(0) | CM(2)

ミャンマーって全く未知の世界でしたけど今回のブログで興味が俄然湧いてきました。
黄金の建築物は魅了されます。
インドの次はミャンマーだな。
[ 2012/11/14 03:43 ] [ 編集 ]

たまっち

> ほんと、お勧めの国です!
次のブログにかきますが、虫
食べてきてください♪w
[ 2012/11/25 12:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/255-cfc11bd6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。