スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミャンマーのお祭りってどんなもん?

インレー観光2日目。


今日は、9月下旬から10月中旬ごろに、

20日間に渡って行われる、お祭りの最終日です


知らずに来たので、ちょっとラッキーだったかも。


このファウンドーウー祭りとは、

昨日訪れた、ファウンドーウー寺院に祭られてる仏像を

伝説の鳥カラウェイを模した船に乗せ、

湖周辺の村々を渡り巡る、壮大なお祭りだそうな。


1時30頃から始まるというので、

水上でスタンバイ。



しかしだ。




朝早くから場所を陣取ってる人は、

木陰の涼しい場所で待っていれるが、

ぁたくすたち結構ギリに行ったので、

気温は35度近くにもなる、

日差しが燦々と降り注ぐクソ暑い中、

約1時間ほど何をするでもなく

船の上でただただボーっと待っていましたわよ。


汗がとめどなく流れ・・・

肌はだんだん黒くなり・・・


何の修行だ。




ただでさえ真っ黒で、

夜道は赤信号のぁたくすが、

闇にまぎれて見えなくなってしまうではないか!


さんざん悪態をついてたら、

ようやく、彼方から船がこっちに向かってくるのが見えました。



おーやっとだ!



↓村の男たちが乗ったボートが何十艘と繋がっている。
P1240024.jpg

↓伝統的な片足漕ぎ
P1240042.jpg
P1240046.jpg

↓船の上ではお祈りか?踊って歌っていた。
P1240051.jpg


そして、やってきました、メインの鳥さん!


↓巨大な黄金の船。
P1240017.jpg


音楽と共に掛け声をかけて

颯爽と進んでいく姿は確かに格好良かった。

こんなに沢山の若者がこの村にいるんだなぁ。


昨日、ガイドをしてくれたおにーちゃんも

この祭りに参加するって言ってたっけ。

オールを祭り用に新調したようで、

誇らしそうに

「かっこいいだろ?」

って言ってたなぁ。



お祭りや、伝統工芸。

人々が作り上げてきたものって、

何て美しいんだろう。



↓一緒の船に乗ってた少年。
カメラを向けるとポーズを取ってくれた。
P1240059.jpg

↓湖畔の町、ニャウンシェ。
名前が可愛い。
P1230692.jpg

↓変わった形のテールランプ
P1240076.jpg



さて、ミャンマーにしては、

冷涼でいくぶん過ごしやすかった

インレーも、もう終わり。

この後の夜行で世界三大仏教遺跡の一つである

バガンへ向かいます。


<ぷち情報>
インレーからバガンへ
午後6時半発。
11000チャット。
前出のリメンバー・インで頼むと、
ホテル前までピックアップトラックが来てくれます。
バスターミナルまで約30分。



世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
お祭り野郎であるならば!
一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
[ 2012/11/04 18:43 ] ミャンマー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/253-1a99f08a






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。