スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

見所満載☆インレー湖

えっちらおっちら夜行でやってきたのは

インレー湖。

風光明媚という言葉がぴったりの美しい場所です。

今でも片足で船を漕ぐ、インター族が住んでたり、

首の長いパダウン族がいたりで、

少数民族LOVEなぁたくすはとっても楽しみにしていたのでした。



ボートをチャーターして、観光に望みます。

↓インレーのボートは細長い
P1230699.jpg

↓さぁ出航だ~
P1230706.jpg



照りつける太陽。

キラキラ光る水面と風に揺れる水草。



10分くらい進むといきなり川幅が広くなって、

インター族たちが姿を現した!

↓おーほんとに片足で漕いでる!
P1230724.jpg

P1230727.jpg

この独特の漕ぎ方は、漁業をする際、

両手が空いてると便利だからだそう。

↓取った魚を見せてくれた。
P1230732.jpg


広い広いインレー湖。

湖上にすむ人たちの家は高床式。

↓レストランも勿論高床式。
P1230797.jpg

名物の魚料理をいただきました。

↓こんなん
CIMG6228.jpg

みじん切りにした野菜を魚に詰めて、蒸してるのかな・・?

生姜が利いてて、独特の風味。

川魚なので、多少の泥臭さはあるものの、

野菜と一緒に食べるとうま~!

なんと、一皿350円なり。



そしてそして!

会いたかったパダウン族!

それは、かの有名な首長族!!

ぁたくす、首長族はタイの民族かと思ってたのですが、

実はミャンマーのひとたちらしく、

タイへ移り住んだのだそうな。


日本のTVとかでよく取材されている、

あのおばーちゃんが居ました!

↓撮影も慣れてらっしゃいました。
P1230783.jpg

↓子供ちゃんも今からながーくなるのね。
P1230789.jpg

首に巻いてるこの金属。

重そうだなーと思ってたら、

ほんっとーにびっくりするくらい重かった・・・

りの嬢は、

首が長いんじゃなくて、金属が重過ぎて、

肩下がってるだけなんじゃないの?

なんて言ってた。

うーん、一理あるかも・・・

↓人形も首長族
P1230796.jpg


さて、この後は湖上に栄えた寺院も見に行きます。


実はね。

ぁたくすあんまり寺とか教会とかね。

そんなに興味がなくてですね。


まぁでもね。

せっかく来たんだからね。



とあんまり期待しないで行ったら、

ここの寺院は中々すごかったんですよ。


シュエインタ・パヤーって名らしい
P1230853.jpg

↓数千の仏塔が林立していた。
P1230860.jpg
P1230865.jpg

中には朽ちかけたものもあって、

中々に風情がある。

ミャンマー語は分からんが、中に遺骨が入ってるのかなー。

P1230840.jpg


しかし、こーゆー見所は、周りにおみやげやさんが

必ず軒を連ねている。

ぁたくすジョシだからね。

買い物好きだからね。

なんか、寺院を見にきてるのか、買い物にきてるのか?

分からなくなりそうでした。


↓両側に、そりゃもうずらっと・・・
P1230872.jpg



そして、お次にやってきたのは、

水上寺院で最大のファウンドーウー・パヤー

↓よく湖に建てたね。
P1230945.jpg

本尊である仏像は、元々は

普通の仏像の形をしていたんだけど、

これまた人々がお祈りする際に

金箔を貼るので、

そのせいで、まんまるくなってしまったらしく、

それを見るのを楽しみにしていた。




けど。




↓ジョシ、PROHIBIT
P1230942.jpg





・・・・・・・・・。





台座に近づくことができないので、

遠目からまん丸仏像を拝む。

↓真ん中にいてるわよ。
P1230938.jpg

ほんとは5体いるんだけど、

今はお祭りシーズンなので、仏像も

かりだされてるらしい。



しかし、男尊女卑システムにより、

ぁたくす、あんまりお祈りしたくありません。

眺めて終わりました。w



最後に、少数民族の伝統工芸の

工房を見学に行きました。


いやーこれまた至極興味を引く

単語が出て参りましたね~。



大好きです。

伝統工芸。



LOVEです。

少数民族。




はてさて、湖上に住む彼らは何を作っているのでしょうか。


伝統工芸というと大体、

芸の細かいことをしてらっしゃるのですが、

ここのもまた手の込んだものでした。


↓それは、蓮
P1230878.jpg


蓮の茎から出る、細い繊維を使い、

出来上がる高級ファブリック。

↓女性たちが、丁寧に織っていく。
P1230883.jpg

その手触りはシルクにも綿にもない、

植物ならではのしっとり且つ柔らかな肌触り。

うーん。

びんぼー旅行でなかったら欲しいわよ。。。

日本で買ったら、到底手の出ない価格なんだろうなぁ。

↓織り機が珍しくて触ってたら、
織り方を教えてくれた。
しかしまぁ、難しい・・・
P1230926.jpg


でも、いいな。

こーゆーの。

蓮も、この辺りなら群生してるだろうから、

そこからこういった文化が生まれていくんだな。

これから先もずっと変わらず

受け継がれていくんだろうな。



見所に事欠かないインレー湖。

何と、ぁたくすが訪れたこの時期は、

1年に1度の大きなお祭り開催中

だったのでした。

よって、明日はそのお祭りを見てまいります!

↓雰囲気のあったおばーちゃん
P1230832.jpg



<ぷち情報>
インレー湖ツアー
ボートチャーター1日24$。
一艘の値段なので、人数がいれば
安くなります。
朝8:00~大体16:00頃まで。
行きたい場所を伝えておけば、
フレキシブルに対応してくれます。

宿情報
remember inn
歩き方掲載の宿です。

シングル12$・ツイン20$
Wi-FIあり
朝食つき
各種ツアー・バス予約のサービス代行。

上記ツアーもここで頼みました。
フロントは英語が堪能で愛想がいい。

朝食はミャンマー食・洋食などなど
5種類から選べて美味しい。
とてもいい宿。

↓何故かフロントにはフリーコンドームのBOXが。w
P1230979.jpg

↓美味しかった朝ごはん
P1230690.jpg


世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
同じく少数民族好きなら・・・
一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周


スポンサーサイト
[ 2012/11/01 18:42 ] ミャンマー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/252-1ad03645






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。