スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロスのあれこれと素晴らしい宿

「自然が作った最高の宝物」、ヨセミテ公園を後にし、

向かったのはロスアンジェルス。

とうとう、旅も最後です。


↓アムトラックから見えたどこまでも続く草原・・・
アメリカってほんと広い。
P1200874.jpg


↓Bakersfieldからロスまでの乗り継ぎバス。
数分しかなかったので、乗り継ぎできるか心配だったけど、
列車を降りたら目の前に停まってた。
P1200875.jpg


さて、無事ロスの宿に着き、預かっていただいてた荷物とご対面。


初日の観光はここ、ゲッティー・センター!

なんでも、観光客・地元の人を問わず、

「ロスで1番行ってみたい場所」

と名前を挙げるらしいここ。

大富豪ゲッティ氏の邸宅を

美術館として開放したもので、

莫大な財産を使って集められた美術品が

何と無料で観賞できるらしいのだ。

↓まずビジターはトラムへ乗って山頂まで。

「日常の体験から抜け出て上昇する乗り心地」らしい。
P1200880.jpg


↓到着プラザからすでに芸術品の数々が。
P1200885.jpg

↓個人の家だったんですかー!玄関でかっ!
P1200890.jpg


↓中庭には37mに渡って並ぶ噴水があります。
P1200894.jpg


美術館は5つのパビリオンから構成されていて、

それぞれのパビリオンへ行くには、

いったん中央に出るように設計されていました。

好きなように屋外の美しい景色や噴水を楽しんでは、

また屋内でアートを観賞するというのが

ここでの楽しみ方なんだそう。

↓見ごたえのある美術品の数々。
P1200907.jpg
P1200926.jpg
P1200928.jpg


↓そして、屋上から見下ろすロスの町並みは素晴らしかった。
P1200910.jpg


↓図書館へ続く入り口には、フレームが「額縁に入った絵のよう」
に見えるように設計がされていました。
P1200937.jpg


たっぷり5時間ほど観賞したあと、

日が暮れるまで、サンタモニカへ行って、

夕暮れ時の海岸を散歩してみました。

↓メトロ・ラピドは使い勝手ヨロシ。1日券が便利。
P1200945.jpg

↓サンタモニカへようこそ!
P1210025.jpg


↓海水浴客でにぎわうビーチ。
この十字架は何だろう・・・
P1200953.jpg


↓シンボル的な存在、木造の桟橋
P1200951.jpg


↓歴史的記念物にされるくらい貴重なメリーゴーランド。
1916年製造、とかなり古い。
P1200950.jpg

↓ルート66の最終ポイント。いつか走ってみたいなぁ。
P1200956.jpg


↓色々なパフォーマーたち
P1200972.jpg

↓夕日が反射してとても綺麗だった。
この海の向こうに日本があるんだなぁ、なんて想ったり。
P1200968.jpg

P1200974.jpg

↓待ち歩きをしてたら、タンゴを踊ってる人たちに遭遇。
懐かしいステップだー。
P1210044.jpg

のんびりして、帰路に着く。



しかし・・・



帰りのバスはとても混んでいて、宿の最寄り駅に着いたら

もう真っ暗。

一応、大体このあたりっていうのは分かっていたものの、

宿やバス停は歩き方の地図に載っていなかった為、

道に迷うぁたくす。


うーん。

困った。


人あんま歩いてなくて、ちょっと怖いし。

なので、宿に電話してみた。

携帯で。

日本のを持っていったのかって?


いえいえ実は、今日ゲッティーからサンタモニカに行くと、

宿のオーナーさんに告げたら、

もし道が分からなかったら電話してきなよ、

と、オーナーさん自身の携帯を持たしてくれていたのだった。

電話して、今の場所と、宿の場所を確認する。

方向が分かって、安心して歩き始めると、

半分くらいまできたかなってとこで、

自転車に乗ったオーナーさんに出くわした。


「あれ!意外と歩くの早いね!」


なんと、心配して迎えに来てくれたのだった。


宿泊しない間も荷物を預かってくれた時から、

優しいなぁ、と感じていたのだけど、ここまでとは。

オーナーさんは、れっきとした日本人女性。

9歳のときに南米へ移民として渡って来て、

現在はロスでこの宿を経営するに至ったらしい。


ぁたくすとあまり背の変わらない、可愛らしい女性で、

何かと面倒を見てくれます。

とても広い宿で、長期滞在の利用者も多く、

宿泊客みんな、感じのいい人ばかり。

こんなに居心地のいい宿なんて、パラグアイのペン園、

ブエノスの日本旅館
に張る・・・!

という訳で、またまた素敵な出会いをした今回の旅。



人との出会いが旅を変えるのよ。




<ぷちロス情報>
○ロス⇔ヨセミテ公園
アムトラックがおススメ。
Union駅から乗車、Bakersfieldまでは連絡バスによる移動。

○ゲッティーセンター行き方
ダウンタウンから720番バス→761番バスで
ゲッティーセンター前で下車。
メトロバスは1回1.5$なので、何回も乗るなら1日券5$
を購入するのが便利。

路線バスはルートがかなり複雑なので、カスタマーセンターなどで
路線マップを手に入れるのがいいです。
かなり使えます。

○ロスの素晴らしい宿。
通称「くにこさんの宿」←すみません、宿名が分からず・・・

住所 564 N Virgil Ave, Los Angeles, CA 90004

電話 1-310-721-0448

Mail: kuniko7@live.com (日本語でOK)

1泊 20$
1ヶ月 440$

キッチンあり
Wi-FIあり
完全個室
広い洗濯場あり
日本書籍あり

ここはロスに泊まる方必見だと思います。
どうやら、特に広告は出してないようで、口コミだけで
経営されてる模様。
ここより素晴らしい宿なんてないと思います。

 

世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
観光より宿に感動したなら
一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
[ 2012/05/11 15:44 ] アメリカ・西海岸 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/237-a1d21905






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。