スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青空と綺麗な絵画たち

サンティアゴから2時間ほどのところに

バルパライソという世界遺産の街があります。

宿に泊まってた4人で遊びに行ってきました。

市の殆どは急な坂道や石段の続く丘陵地帯で

港を取り囲むように、45もの丘があるらしい。


その中で見所となっているのは

青空美術館。

その名の通り、青空の下で、見られる絵なのですが、

額に入ってるわけではなく、

それはとても手の込んだ壁画たち。


急な坂道を登ると、バルパライソの普通の民家と共に

アートになった不思議なスペースが現れました。

↓青空美術館の入り口。
P1180931.jpg


↓民家に施された壁画。
P1180912.jpg


↓至る所にアートが。
P1180913.jpg


↓まさに書いてるところ。
P1180915.jpg


↓カラフルな絵の具たち。
P1180918.jpg



民家のトタン屋根

並ぶ洗濯物。

真っ青な空。

照りつける太陽




美しい壁画がそれらと相まって、何だかとても不思議な空間を

作り出していました。

P1180924.jpg
P1180927.jpg
P1180928.jpg




そして、バルパライソはチリ最大の港町。

観光して空っぽになった胃袋には美味しい魚介料理で

満たしてあげましょー!


という訳で、マヨール市場近くのレストランでお食事。
↓昼間っからビールで乾杯。
P1180949.jpg


↓食べたかった魚介のスープ。
ソパ・デ・マリスコス。
色々な貝と魚たち。
濃厚なスープがとても美味しい。
P1180946.jpg



急な坂道が多いこの街には、アセンソールという

ケーブルカーのような、傾斜式エレベーターが市民の足となって

活躍しています。

P1180953.jpg


観光スポットとなっているような気がしないでもないですが、

もちろん乗らない手立てはない。


港が一望できるところまで登りました。

↓カラフルなペイントが施されたアセンソール。
250ペソ(約50えん)
P1180972.jpg
P1180973.jpg


↓美しい港、プラット埠頭が見える。
P1180960.jpg
P1180964.jpg


帰りはゆっくり階段を下りて、帰路に着きました。

青空美術館以外でも、沢山綺麗な壁画が

あるので、1泊して、のんびり街を歩いてもいいかもしれません。

↓町中にある壁画
P1180942.jpg
P1180943.jpg




<ぷちバルパライソ情報>
○交通情報;サンティアゴからバルパライソへ
アラメダ・バスターミナルからバスが出ています。
サン・ボルハで購入した場合も、アラメダから発車する模様。
BUS・SUR社で、片道4500ペソ、
往復6700ペソでした。
全社合わせて、30分に1本くらいの割合で運行してる模様。
所要約2時間。


世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
天候に恵まれたこの日に
一票お願いいたします~
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
[ 2012/02/08 21:25 ] チリ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/216-64296d7b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。