スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こんな1DAYトリップ

プンタ・アレーナスから次いでやってきたチリの町、

プエルト・ナタルス。(似た名前でややこしい・・・)

ナタレスは半日もあれば市内観光を

終えてしまえるほどの小さな町。


しかし、わざわざここに立ち寄ったのには

理由があります。




パイネ国立公園。



1959年に国立公園に指定されたここは、

面積1630k㎡(大阪府よりやや小さい)もある

広大な公園で、湖に浮かぶ氷河など、

およそ日本では見れない素晴らしい景観を見ながら

トレッキングできるのです。



しかし、去年末に火事があり、入れないとのウワサが

あったりしたのですが、ぁたくすが行く頃には

メインではないけど、入れるルートがあるとのことで、

せっかくなので、行くことに。



でもトレッキングにそんなに興味があるわけでは

ないので、テントを借りるだの、そんな本格的なものではなく、

見所を回ってくれる簡単なツアーに参加。




このところ、町に着いてすぐすることは、

ホテル探し、バスチケットの手配、ツアーの予約、

などの旅上最も面白くない作業に疲れ気味。

何故こんなに早く動かなければならないかというと、

これまたピークシーズンのパタゴニア事情の所為。

どこもかしこもFULLFULLFULLで、

夏のヨーロッパみたい。

先々の予定をずっと決めていかなければならないのは

本当に大変。

まぁそんなこんなで町を歩き回って色々調べたので、

それなりにコンスタントに動けるんですけどね。。。





前書きが長くなりましたが、パイネ国立公園!




パイネは切り立った山に、氷河の解けた真っ青な湖に、

さらにはその氷河が流れてきて、ドでかい氷の塊が浮いた湖とか、

まぁ、日本じゃ見れない景色のオンパレード。




と、旅人に聞き、行くのを楽しみにしてました。


泊まってた宿と、街中のツアー会社で値段が変わらなかったので、

日帰りツアーをオーナーさんに申し込んでもらいました。


朝の7時にピックアップの車が来ます。


↓途中、車から見えた虹。
P1170634.jpg


最初につれてってくれるのは、ミロドンの洞窟

何だか可愛らしいこの名前。


ミロドンとはかつてこの地方に生息し、約1万年前に絶滅したといわれる

巨大なナマケモノのような動物。体長は3m以上あったとされるが

まだまだ謎は多い生物らしい。



↓けっこう奥行きのある洞窟
P1170643.jpg


↓これがミロドンだ~
P1170654.jpg



国立公園入場前にセロ・カスティージョという、

アルゼンチンとの国境近くで少し休憩。

↓柵の向こうはもうアルゼンチン。
P1170755.jpg
P1170756.jpg



そして次はアマルガ湖。


静かな湖畔を手前に、奥にはトーレス・デル・パイネの

岩峰が屹立する絵のような風景が見れました。

P1170676.jpg


この近くにはグアナコというラクダ科の動物が生息してました。

リャマといいアルパカといい、ほんと可愛い。

P1170708.jpg




国立公園へ向かう間、火事のため、無残な姿になった木々が。

↓真っ黒になった台地。
P1170713.jpg


捕まったイスラエルの男の人は無罪を主張してるらしい?

何にせよ、火の始末はきっちりしてもらいたいものだ~


さて、ここからようやく国立公園の入場です。

まず、パイネの大滝といわれる

サルト・グランデを見に行きました。

↓背後にはパイネ・グランデ山が。
標高3050m。
P1170687.jpg


そのままペオエ湖沿いに走ります。

↓景色のいいところで停まってくれる。
P1170699.jpg


↓どこからでも見ることが出来るパイネ・グランデ山。万年雪の頂きが見えます。
P1170704.jpg


そして、最後にパイネを代表する氷河、

グレイ氷河が流れ込むグレイ湖まで、小一時間歩きます。

↓蒼い氷河が浮かぶ。
P1170737.jpg


しかし、途中から曇りだしてきたこの日、グレイ湖に行く頃には

びゅーびゅー風も吹いて、なかなかに寒かった。

↓帽子がマツタケになってます。w
P1170744.jpg


↓人形のようだった女の子。
P1170751.jpg



ツアーはこうやって見所を回ってくれますが、

時間があったらテントを借りてキャンプしても楽しかったかもと

思えるような雄大な自然でした。




<ぷちナタレス・パイネ情報>
宿情報;Estrellta Del Sur
住所 Chorrilos 855
ドミ 6000ペソ。
WI-FIあり。
キッチンあり。
朝食付き。
各種ツアー・バスチケットあり。
情報ノートあり。

カラファテのフジ旅館からの紹介だというと1000ペソ割引になります。
・・・しかし・・・オーナーに常に行動を監視されてるかの
ように感じます。。。調理中に何度も何度もキッチンに入ってきたり。
視線を感じて振り向くと必ず目が合う。。。
部屋やバスルームは綺麗なのですが。

パイネの1日ツアー上記の宿で申し込み、19000ペソでした。
別途、入場料15000ペソ要。
宿前までピックアップに来てくれます。
ランチなし。何か買って持っていくほうがいいです。

交通情報
プンタ・アレーナスからプエルト・ナタレス。
ナタレスの宿で申し込みました。
Pacheco社のバス、4000ペソ。
所要3時間。大体どこで申し込んでも4000~5000くらいのようです。
かなり頻発していて、2時間毎くらいに走っているようです。


世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた~
およそめんどくさがりなぁたくすに
一票お願いします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周







スポンサーサイト
[ 2012/01/24 10:11 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/205-f97c9fdc






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。