スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シヌカモシレナイ・・・!?

アマゾン。

かなり秘境なイメージですね。

そして危ない動物がいっぱい。

暑くてじめじめ。


そんなイメージ。


旅が始まった頃は行くことないだろうな~と思ってたんですが、
(ブラジル行かないつもりだったし)

実はペルー、そして ここボリビアからも行けることが判明

しかも、かなり安いらしいという事で、こらもう~


アマゾンが呼んでるわ~


どこからどうやって行くのか色々調べてたら、

なんと拠点となるルレナバケに行くには、


デスロード(=死の道) と呼ばれる


断崖絶壁の道を通り、約20時間ほどかけて行かなくてはならないことが

分りました。・・・ アマゾン前に死んだりして。



飛行機でも行けるのですが、値段はバスの10倍。

なので選択の余地はなく、バスで行くことに。


出発予定時刻から2時間半も遅れ、ようやく午後1時半

ルレナバケへ向かいバスは動き出しました。

デスロード以外は普通の山道。

運転手だって事故起こしたい訳じゃなかろうに、きっと大丈夫だろう・・・


しかし、問題のその道。

正直、想像以上に怖かった。

窓側に座ってたぁたくす、ちらっと外を見てみると、地面が見えない。

もう、すぐそこは断崖絶壁・・・

車両の幅しか道がないなんてどんな状況!?

そら年間200人亡くなるってのも頷けるわ・・・

事前にこの道を通った日本人の書き込みを見たんですが、

崖から15mほど転落して、2名が亡くなったそうな。

うーん、嫌な考えばかりが浮かんでは消え・・・

こんな山道、さっさと抜けてくれーと願ってるうちに、日が落ちてしまいました。

こんな狭い道でも対向車両は来る。

すると、ぁたくすが乗ったバスは
イキナリ何十mもバックし始め、
途中車体が傾き、
車内は一同悲鳴・・・



正直生きた心地がしませんでした。

本当に怖かった。

山道を抜けて、食事休憩があった時は心底ほっとしました。

あー生きてて良かった。


その後も、今までで味わったことのない

でこぼこ道が最後まで続くので、あんまり寝れません。

お尻が10センチくらい浮くなんてザラでしたよー。

なので、お金に余裕があるなら、飛行機で飛んじゃったほうがいいかもしれません。

スリルを味わいたい方は挑戦なさってください~

ぁたくすは2度と行きません。

↓最も崖との間に幅があった道。
P1130735.jpg


↓窓から見える景色はすごかったんですけどね・・・
P1130718.jpg


<ぷちルレナバケ情報>

○ラパスールレナバケ
ルレナバケ行きのバスはヴィジャ・ファティマという
所から出ています。
マリスカス・サンタクルス大通りからコレクティーボが出てます。
フロントガラスにV.Fatimaとあります。所要30分くらい。

何社かありますが、私はYUNGENA(ユンゲーニャ)社を利用しました。
午前11時発、60ボリ。
バスターミナルがあるわけではなく、バス会社がそのままターミナルになってるタイプなので、
バス会社の名前を運転手に伝えたらその近くで降ろしてもらえます。


世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
生き延びていたぁたくすに
一票お願いいたします~
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
[ 2011/11/27 11:19 ] ボリビア | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/171-3f6d7bd0






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。