スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独自の道をいく。

きたきた来ました!!

メキシコ料理発祥の地、プエブラ!!

タコスとか軽食ばかり食べてたので、ここではしっかりレストランへ行きたいと思います!

わくわくしながら、オアハカを経ったのが午前9時半。

所要5時間なので、3時前にはプエブラに着けるな~と思いながら、

バスの中でうとうと。



   
   そして。。。。




乗り過ごし。。。



   ひー!!!


実はこのバス、メキシコ・シティーへ向かうバスで、

プエブラはその中継地にあるため、

途中下車しなきゃいけなかったのに、

気がついたらプエブラは遠く彼方・・・


目が覚めて、あれ~時間かかりすぎてるなぁ。まさか・・・

と思って運転手に聞いてみると案の定。


どうします、コレ?


そのままメキシコ・シティーまで行こうかとも思いましたが、

プエブラには絶対行く!と思ったので、

また同じ区間を往復するのは

馬鹿らしいと、降ろしてもらうことに相成ったのですが、

その場所は高速のど真ん中。

びゅんびゅん走ってる車を目の前にしばし沈黙。。。



どうやって戻ろう・・・



困ってると、その様子を見てた物売りのおっちゃんが、

こっちだ!と私の荷物を持ってくれ、

びゅんびゅん走ってるバスを1台停めてくれ、

この子プエブラまで乗せていってあげて!

と助けてくれたのでした。。。



ちょっと、涙でそうなくらい嬉しかったよー!!


いきなり停まったバスに、乗客もナンダナンダ?といぶかしげな表情。


  す・・・すみません・・・



バスの運転手さんも、


プエブラのセントロ(中心)に行きたいんですが・・・


というぁたくすに笑顔でOKと言ってくれ、

突っ立ったままのぁたくすに席を勧めてくれたのですが、

くそでかい荷物を持ってるので、バスガイドさんが座るような、

簡易席にそっと座らせていただきました。


うーん。ほんと色んな人に助けてもらってる・・・



と、そんなアクシデントがあり、投宿したのはもう午後5時半。

しかし、メインの食事だけは!とレストランへ行きました。


1番食べてみたかった、「モーレ・ポブラーノ」


これは唐辛子・木の実・チョコレートなどで作ったモーレソースで

鶏肉を味わうメキシコ料理の最高傑作と言われている物。



どんな味がするんだろう・・・ととてもわくわく。

待つこと10分、こんな料理が出てきました!

↓すごい色~!!
P1090955.jpg



チョコレートという文字にえ?となりますが、

これはカカオのことで、

甘いわけではありません。

が、ハヤシソースのようなほんのりした甘さに唐辛子の辛さ。

木の実のぷつぷつ感がある、なんとも変わった味のソースでした。。。

味が濃いので、淡白な鶏肉には合います。

レストランによって味が全然違うらしいので、食べ比べてみるのも面白いかも。



   でも・・・ぁたくすは1回で十分でした。




そして次の日。

もう夕方にはメキシコ;シティーへ向かおうと思うので、

ランチにまた違うレストランへ行ってきました。

どうしても食べてみたかったメキシコ料理2品目は、

チレス・エン・ノガダという料理。

これは大きい唐辛子の中に、豚のひき肉・野菜・果物・木の実を詰めて、

卵の衣で揚げ、生クリームのソースとザクロの実をかけるという、

意味不明な食べ物。



↓いかにもメキシコ!な可愛いレストラン
P1100039.jpg
P1100040.jpg


どきどきしながら注文。

↓やってきました~!!
P1100049.jpg


見た目はカラフルで可愛いですがお味のほどは・・・?

不思議な調理法は不思議な味を生み出しておりました


まずソースが冷たい。生クリームだからでしょうね~

そしてほんのり甘い。生クリームだからでしょうね~


唐辛子の中は鶏肉・人参・バナナ・クルミ・レーズン。

そしてピリ辛。

ザクロの実がアクセント。

もうどんな味か想像つかなくないですか?

ぁたくすもどう説明していいか分りません。

何せ不思議な味でした

ぁたくすは美味しく食すことが出来ましたが、

あまり好きじゃないという人のほうが多いかも・・・
P1100051.jpg




という訳で楽しく過ごせたプエブラ。

ご飯のことばかり書きましたが、

74年の歳月をかけて作られた重厚華麗なカテドラルがあったり・・・
P1090962.jpg



18世紀に副王の迎賓館として建てられた、メルヘンチックな

タイル装飾のその名も「砂糖菓子の家」があったり・・・
P1100027.jpg


民芸品が所狭しと並ぶエルパリアン市場があったりと

プエブラ集の州都として栄える大都市で、観光もしっかり出来ました。

P1100031.jpg
P1100033.jpg


楽しかった~

さて、次はメキシコ最後の訪問都市であり、

首都であるメキシコ・シティー!!

旅人と待ち合わせしてるので楽しみだ~


<ぷちプエブラ情報>
交通情報;オアハカ~プエブラ
      2等のバスで行きました。特に不便はなし。
      所要5時間。170ペソ。1等より100ペソほど安いです。
      メキシコ・シティーへの途中経由がプエブラなので、
      降り忘れないように・・・

宿情報;Victoria
     住所 3 Poniente NO.306
     シングル 170ペソ
     WI-FIあり
     ドミはなし。シャワー・トイレが各部屋に設置。
     WI-FIも部屋で通じるし、居心地良し。
     日本のように、ドバドバと
     ホットシャワーが出ます。

レストラン情報;ケチュラ・エス・プエブラ
         歩き方に載ってるレストランですが、
         店内の雰囲気とかメニュー構成がかなり
         いい感じです。郷土料理が豊富。
         チレス・エン・ノガダは90ペソでした。

世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
この料理、食べてみたい!とお思いなら・・・
一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周




            
スポンサーサイト
[ 2011/10/25 12:42 ] メキシコ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/149-ef9936ed






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。