スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハバナって楽しい♪

ハバナの見所は旧市街に集中しています。
P1070392.jpg


↓キューバでよく見かけるクラシックカーたち。現役で走ってるのがすごい。
P1070512.jpg
P1070560.jpg
P1070548.jpg


主な輸出産業のひとつである、葉巻工場。

中は撮影禁止なので、作業現場をお伝えできなくてざんねんですが、

大きさや種類などを一つ一つ手作業で仕分け、巻くのも全て手作業で行われている様は、

なかなか圧巻でした。有名なコヒーバも最高級品種で17ドル

日本だと1万円くらいする品物です。

↓最高級コヒーバ
P1070371.jpg


↓せっかくなので、工場前で吸ってみた。
P1080020.jpg
P1070367.jpg


しかし、ほのかなアロマもタバコ嫌いのぁたくすは残念ながら理解できず・・・



↓全ての行政を担う国会議事堂、カピトリオ
P1070557.jpg


↓1番の繁華街オビスポ通り 
おみやげやさんや、レストラン、銀行などが並びます。
P1070401.jpg


キューバの銀行はCADECA(カデカ)  といって、

ここでCUCからCUPにも両替してもらえます。

CUPの3単位のものは、何とゲバラの肖像

おみやげには最適で、外国人に1番人気。

でも、カデカにも必ずある訳ではないので、街中には1ドルで売ろうとする

キューバリアンも居たり・・・

ぁたくすは2回行って、新札の紙幣と、コインと手に入れることが出来ました~

↓美男子なゲバラさん
P1090547.jpg



紙幣は数枚持って帰るので、先着5名様に限り、差し上げます~


それから、港の近くにある民芸品市場。

キューバのお土産が全て揃っているので、ここで全て済ませられます。

絵も沢山売っていて、キューバリアンアートが垣間見れるのが楽しい。

↓活気ある雰囲気
P1080098.jpg
P1080095.jpg



そして、この街で必見なのがカバーニャ要塞の大砲儀式とそこからの夜景!!

大砲儀式は150年も続く伝統ある儀式で、スペイン時代の征服を着た兵士が、太鼓を叩きながら行進し、

一連の儀式の後に大砲に発火するのですが、打つのは一発ながら、ものすごい迫力!!

カバーニャ要塞は川を隔てた対岸にあり、ここに行くまでは色んな方法があります。

安くいける方法を色々調べた結果、なかなか役立つと思われる情報を手に入れたので、

行かれる方は、是非この記事の最後を参照してください。

それはそうと、ここには2km圏内に3つも要塞があり、かつてのこの地区の重要性が

感じ取れます。

1番大きいカバーニャ要塞の近くには、ゲバラの第一邸宅がありました。

↓キューバの中ではとてもりっぱな家。
P1080161.jpg


周りには、他に家がなく、ゲバラ邸だけがポツンと建っておりました。因みに撮影するだけでも1CUC取られます・・・
ここから歩いて20分ほど、カバーニャ要塞が見えてきました。

儀式は9時からなのですが、1時間くらい前に行くのがベストです。

中には小さいけれどゲバラ博物館があったり、バーがあったり時間を潰すにはもってこいでした。

カバーニャ要塞そのものが、ハバナ市内を見渡す展望台のようなもので、どこから見ても素晴らしい景色が見渡せます。

↓威厳のある雰囲気
P1080167.jpg


↓運河を挟んで、見るハバナ市街
P1080162.jpg
P1080185.jpg
P1080211.jpg
P1080275.jpg


↓これが儀式に使われる大砲
P1080210.jpg


↓兵士によって点火される
P1080309.jpg


↓要塞と暗闇を揺さぶる音でした
P1080345.jpg

↓夜景も美しい
P1080282.jpg


帰りは、ヘミング・ウェイが通ったという、バーで、大好きなモヒートを飲んで帰りました。
P1080573.jpgP1080581.jpg


いやー、なかなか楽しい1日でした。

明日から、キューバの地方を巡ってまいります~

<ハバナ情報>
○宿情報;YOKOさんの宿とは別に、もう一軒泊まった宿を紹介します。
     キューバでは基本、「カサ」と呼ばれる自宅解放している宿に泊まることになります。
     ↓政府認可受けてるカサはこのマークが目印。
P1070483.jpg

       オダリスの家 SAN JUAN DE DIOS 112
       ドミ ファンの部屋10CUC
          エアコン付き12.5CUC
       朝食・バスタオル付き
       水飲み放題、冷蔵庫あり
       住所 Amargura 254 HABANA Y COMPOSTELA
       電話 8617287  
経営してるオダリスさん宅とは、別宅になり、プライベート空間のような宿でした。
普段は誰も居ないので、先にオダリスさんちに行って、チェックインします。
オダリスさんは多少英語が通じます。

○交通情報;カバーニャ要塞の行き方       
        タクシーやバスでも行けますが、最も安くいける方法は
        フェリーを使うことです。
        フエルサ要塞から民芸品館までの間に乗り場があり、0.2センターボ(1えんもしない       
        で行けます。乗り場が分からなければ、「カバーニャ」「フェリー」と言ってれば、
        地元の人が教えてくれます。
        到着するカサ・ブランカ駅では、1837年に導入された汽車が見れます。

↓可愛らしい駅
P1070587.jpg

 
フェリーに乗るのも楽しかったのでお勧めの行き方です。

↓フェリーからの眺め
 P1080120.jpg


 カバーニャからの帰り方                      
        大砲儀式は9時からなので、終わったら真っ暗です、タクシーで帰る人が最も多いですが(4~5CUC)
        バスでも帰れます。1ペソです。        
        カバーニャを出て、モロ要塞の方へ向かって歩きます。
        二手に分かれてる道も、左側、モロ要塞方向へ 向かいます。
        そのまま道なりに進むと、日本の高速の料金所のようなものが
        見えてきて、その手前にある青い屋根 のある所が、バスの停留所です。
        400番に乗ったら、カピトリオの裏手まで行けます。
        ただし、少し暗いので、女性の一人歩きは危ないかもです。
        ↓料金所みたいなのが見える
P1080353.jpg


  アストロのバスターミナルへの行き方               
        バスで行くことが可能です。AVENIDA SIMON BOLIVAR 通りから出てる
        P-12番のバスで2駅目。1CUP。
        ↓こんな看板が出てます。
P1070516.jpg


  ビアスールのバスターミナルからの帰り方         
        ビアスールから出て、すぐの右側の大きな通り沿いにバスの停留所があります。
        27番バスで中華街まで帰れます。
 
        
        こうやって国民の足を駆使して、1度もタクシーを使わずに移動してました。
        バスはとても混むので、快適ではありませんが、少しでも安く上げたい方は 
        是非とも挑戦してみてください♪



世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
国民の足も乗りこなせれば快適!
そんなわけで一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
[ 2011/10/05 15:04 ] キューバ | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/10/07 11:32 ] [ 編集 ]

イーハーさん

そうですね~キューバは安いし、ご飯美味しいし、ですごく楽しかったので、
私もっかい行きたいと思いました。

いつか社会主義じゃなくなったとき、訪れてみるのも感慨深いかもな~なんて思いながら・・・
[ 2011/10/07 12:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/133-03509a9c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。