スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これが大英帝国!

テンション高く趣味の世界を堪能した後は、

ロンドン市内を観光です♪

霧の街と異名を持つだけあって、なかなか晴れることはないらしいロンドン。

確かに滞在中もずっと曇ったままで、暗かったので写真写りは微妙なのが残念。

↓市内の町並み
P1060056.jpg


しかしパリ同様見所の多いロンドン市内。

これまた1日2日じゃ勿体無いのですが、倹約パッカーのぁたくすは駆け足で周ります。


パリの心臓部ヴェルサイユ宮殿を見てきたので、ロンドンでも

バッキンガム宮殿を見ようと意気込んで行って来ました。

まぁ、宮殿は宮殿なのかもしれませんが、夏のこの時期は違うんです

何がかというと、エリザベスがスコットランドを訪れて留守の8~9月に限って、

普段は入れない宮殿内部が一般公開されるんですね。



   こらもーチャンスやと



しかし、この時期だけだからか、ものすごい人!

ぁたくすが行ったその日は入れずに、2日後のチケットしか取れませんでした。

↓とりあえず写真だけ撮ってみた
CIMG9438.jpg


時間も決まっており、もちろんセキュリティーチェックもあり、

なかなかお厳しい。

しかも、残念なことに内部は撮影不可能。。。

バッキンガムはヴェルサイユに比べて新しい感じでした。

1703年にバッキンガム公の私邸として建てられたものを、後に王室が買い上げ、

莫大な費用をかけて改装したものらしい。

まぁきんきらきんなのは同じでしたが、さすが今も使ってるだけあるというか。

しかし、ヴェルサイユに行った時、あんまり住みたいと思わないなぁ。

書いたんですが、昔の映画に出てきそうなこんな部屋にホントに

住んでる人が居るんだと、そこにびっくり。

金と白の部屋とかあって、ほんとぎんぎらぎんですごかったー。


↓外観だけで想像してくださいませ・・・
P1060221.jpg
P1060225.jpg
P1060228.jpg



しっかし本当にロンドンは観光費が高くつく・・・

バッキンガムは宮殿の一部だけの入場で£17.5!!(約2100えん)

ぁたくすは入らなかったんだけど、セント・ポール大聖堂は£12.5・・・(約1500えん)

 ウエストミンスター寺院は£15(約1800えん)・・・

↓国会議事堂は£14(約1680えん)
CIMG9495.jpg


と、有名どこ一気に回ったらいくらかかるねん

って感じなのですが、



その代わりか?



実はロンドンは美術館・博物館共に基本入場料がただ!!という

素晴らしいシステムがあるのです!!

特に大英博物館なんて、古今東西の文化遺産が一堂に会する

世界最大の博物館ですからね・・・!!!

それがタダなんて、タダなんてー!!

ぁたくすロンドンに住んでたら毎週行ってるかもしれない・・・

↓外観も迫力満点~
P1060070.jpg


↓ガラスの屋根を持つ広場、グレート・コート
P1060071.jpg


↓エジプト象形文字の手がかりとなったロゼッタストーン
P1060073.jpg

↓こんな格好で発見されたミイラちゃん
P1060090.jpg






あ、そうそう。

「ロンドンブリッジ フォーリーンダウン♪」の歌で有名な

ロンドンブリッジがこんな姿だって知ってました?

↓とってもシンプルな石橋
P1060152.jpg


でもでも、ロンドンのシンボルであり、世界で最も有名なこの橋。

↓跳ね橋にもなってる
P1060166.jpg

この橋の名前はタワー・ブリッジ

こちらをロンドンブリッジだと思ってる人は意外と多いはず・・・たぶん・・・

↓橋がかかってるテムズ川の眺め
P1060130.jpg



それから、イギリスは世界有数の舞台大国!ということで、

舞台観賞してきましたよ~!

今回見に行ったのは、

「STOMP」

バケツやモップなど日常的に使うもので演奏するリズムパフォーマー!

tketsで当日券が半額の£25で購入できました。
P1060214.jpg
P1060217.jpg
P1060231.jpg

やっぱり本物を目の前にすると、すごい迫力ですね!

笑いを含んだ部分もあり、とーっても楽しめました。

これまた内部が撮影不可能なのが残念ですが。。。




そして、最後にイギリスといえば!アフタヌーン・ティーして帰りました。

↓本場のスコーンは中がむっちりした食感でとっても美味しかった~
P1060236.jpg
P1060240.jpg


たった数日でしたが、とても充実した滞在でした~!!


またいつかエディンバラやバースにも行ってみたいと思いつつ、

ヨーロッパ大陸はロンドンを最後にお次は、北・南米大陸へ行ってきます!!

<ぷちロンドン情報>
○宿情報;Phoenix Hostel
     住所  6 Daventry Street, London, England NW1 5NX
     ドミ18€
     WI-FIあり
1階がバーになっています。駅から歩いて5分ほど。静かな所。



世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
もりもりだったロンドンに
一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周

スポンサーサイト
[ 2011/09/25 15:14 ] イギリス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekaiichi83.blog95.fc2.com/tb.php/125-d9b4058c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。