スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロス観光。よりも素晴らしいこと。

そんな、宿のオーナーさんに迷惑をかけた

翌日。

とうとう明後日には日本へ戻る、最後の日です。



最終日は華々しく?観光を終えるため、

ロスの1番の見所であるハリウッドへ!

N.Yに比べ、見所が全然ないなんて言われるロスですが、

矢張り初めて行く分には、目に映るものは全てが真新しく、

結局わくわくしっぱなしだったわけなのですが。。。


↓ハリウッド駅。その単語にもう興奮
P1210046.jpg


↓出ましたー、有名人のスター、ウエイク・オブ・フェイム
P1210047.jpg


もとはというと、廃れたハリウッドを何とかしようと、

地元の人たちがお金を出し合って、設置が始まったそうな。

町おこし成功ですな!


↓これまた有名、キャピトル・レコード
P1210049.jpg


さてさて、ハリウッドといえばいわずと知れた映画の都。


実は、ハリーポッターが大好きなぁたくす。


なので、ワーナーマイカルのスタジオに遊びに行ってきました。

↓ばかでかいオフィス
P1210117.jpg


↓タイニートゥーンズがお出迎え。
P1210116.jpg

↓お土産売り場には勿論ハリーポッターコーナーが。
P1210062.jpg

↓魔法の杖がいっぱい~
P1210058.jpg

「エクスペスト・パトローナム!」
P1210066.jpg

スタジオ見学は約2時間半のツアー。

↓こんなトラムに乗って、舞台裏の見学に出発です。
P1210074.jpg


まず最初に出てきたのはこちら、

ジュラシック・パークの撮影現場。

あの金網の向こうからT-LEXが!
P1210076.jpg



町並みを再現した舞台では、セットの中も見ることができました。

↓これが全部セットなんて~
P1210113.jpg


↓これ、レンガではなく、紙のような材質なんだそう。一枚ものです。
P1210081.jpg


そして、映画で使われた車たち。

P1210089.jpg


↓おぉ~マトリーックス!
P1210093.jpg

↓出ましたー空飛ぶフォード・アングリア!
P1210100.jpg

映画のセットにもお目見え。

↓こちらはフレンズ。おなじみの舞台
P1210104.jpg

↓ラストサムライに使われたもの。
P1210110.jpg


1番最後に、映画に使われた衣装を展示している、

博物館のようなところへ連れっていただきました。

残念ながら、ここは撮影不可能だったんですが、

2階がまるごと全てハリーのコーナー!


映画内で、3人が着用してた服や、ニンバス2000の模型、

等身大のハグリッドの服から、クイディッチのボールたち・・・

ちょっとファンにはたまらないとこでした。

うーん、撮影できなくて残念!




この後は残された時間で急いでハリウッドの観光です。

その中でも1番の目玉はここじゃないでしょうか?

チャイニーズシアター!

世界で1番有名な映画館と揶揄されるには、理由があります。
P1210120.jpg

それがこれ、有名人の手形!
P1210131.jpg

観光客が自分の足元へ向かってシャッターを切っているのも、

ここならではの風景です。

ぁたくすもお気に入りの有名人の手形、見つけました!

ハリーポッター!!(しつこい)
P1210125.jpg

そして面白いのはおなじみ、この方ですね。

↓スターウオーズ、R2-D2!
P1210133.jpg

他にも有名な建物が沢山並んでおります。

ギネス・ワールド・オブ・レコード・ミュージアム

P1210152.jpg

ゲイシャハウス。何だか笑える・・・
P1210155.jpg

ハリウッド壁画。誰がいるかわかるかな~
P1210157.jpg

猛スピードで観光をしたぁたくす。

実は、絶対に行きたい場所がありました。。。


それがここ!

IN'N'OUT!!(インアンドアウト)
P1210136.jpg

え、ハンバーガー?とお思いでしょう。

はい、紛れもないファストフードのお店です。


ただ、ここはただのハンバーガーショップではないのです。

なんとアメリカ人の好きなバーガーチェーンNO.1に選ばれたお店なのです!

前回の旅でN.Yに行ったとき、

旅友に

「アメリカに行くなら、絶対食べておいでよ、美味しいから」

と言われて探し回ったのですが、これ実は

西海岸にしか存在しないことが判明。

なので、今回絶対行きたかったのですね。

そんなIN'N'OUT。

ここを有名にしてるのは、その価格も一役かっているのだと思います。


なんと普通ハンバーガーがたったの1.9$!

しかも、トマト・タマネギ・レタスと野菜がもりもりで、

頼めば野菜大盛りにもできるという。

ちゃんとビタミンの採れるハンバーガー!

だからこんなに人気なのもあると思います。

↓きゃっほー、うまほー♪
P1210146.jpg

あ・・・あれ?

何か、ハンバーガーが2つもありますね?

ぁたくすそんな大食いではありませぬ。


実は、今日はぁたくす一人ではありませんでした。


ワーナーのスタジオに行くバスが中々来なくて、

時間もせまってくるし、焦っていたぁたくす。

実は路線変更になったんじゃないかと、

40分くらい待ったとこで悩んでいたら、

見た目は日本人のおじいちゃんそのものの、

アメリカ人の方話しかけてくれました。

「あなた日本人?どこ行くの?私、2世です。」

「そう。ワーナーのスタジオに行きたいんだけど、

もう40分くらいバス待ってるのに、来ないの。

ここで合ってるのかなぁ」


「40分!それはクレイジーだ!」


と、バス会社に電話してくれて、時間を調べてくれます。

どうやら、ワーナー行きのバスは1時間に1本しかでてないらしく、

ぁたくす運悪く、1本前のバスを直前に逃してたんですね。

なので、後20分かー。と結局待つことになりました。



やっと来たバス。



そしたら何と、そのおじいちゃんも一緒に来るではありませんか。

「このバスなの?」

と聞くと、

「いや、今日は君をプロテクトしてあげるよ。」

と。

きっと、英語が上手じゃないぁたくすを思ってか、それから

ずっとぁたくすをガードしてくれたのでした。


「スタジオ見学が終わったら、戻ってくるから。」


といったんお別れをしたのだけど、

実際ツアーが終わる時間にちゃんと戻ってきてくれた、

彼の名はティム。


ほんとに喋らなかったら、日本人そのもの。

でも、しぐさや行いはアメリカ人そのもの。

そのギャップがとても不思議でした。

そして、

「何が食べたい?」

という質問に

「インアンドアウト!」

と答えたぁたくすをそこまで連れてってくれ、

ご馳走してくれたのでした。

沈黙にならないように、色々話をしてくれ、

水を買ってきてくれたり、気を遣ってくれたティム。

初対面なのに何だか申し訳ないなぁ、と思ってたら、

「今日はスペシャルな日だ。君みたいな日本人の女性を

ボディーガード出来るんだから!」

と言ってくれたティム。



旅で出会う人は、なぜ皆こうも優しいのか。

他人に優しく出来るのか。

初対面にもかかわらず、結局宿までティムは送り届けてくれたのでした。

「今日は、本当にありがとう。

またいつか。」

と、その背中を見送ったとき、

何だか言葉では言い表せない感情が押し寄せてきて、

涙がこぼれてしまったぁたくす。

その「いつか」はもしかしたら永久に訪れないかもしれない。

もう一度会えるなら、今日のお礼をしたい。

でも、現実問題、毎日をせわしなく生きている今は

中々アメリカに行くことはできない。

借りにいけたところで、ティムに再会できるかも定かではない・・・

だって、かなりの高齢だったティム。

年齢的にもしかしたら、なんてあるかもしれない。

今まで、一期一会なんて何度もあった。

でも、何だか今回は違った。

人の無償の優しさは、こんなに人を動かすことが

出来るもんなんだ、と思った。

↓終始優しかったティム
P1210147.jpg




そして、最後にもう一つ優しさエピソードを。


前回、今回泊まってる宿のオーナーさんが、

どれほど優しいかを書いたのですが、

この最終日、

「あなた、もう明日帰るから」

って、ロス市内を観光に連れてってくれたのでした。

↓グリフィス天文台から見えたハリウッドサイン
小さいけど、TVでしか見たことないものが、目の前にあって、
感動したのだ。
P1210161.jpg


↓天文台からの眺めは格別だった。
ブルーのジャケットの方がオーナー・くにこさん。
P1210173.jpg

↓本場のユニバーサルスタジオ!
中に入らなくても周辺にも実は遊ぶとこが沢山。
P1210176.jpg
P1210181.jpg

ロスは車社会だから、公共機関だと不便でしょ?

と、車で色々案内してくださったのでした。

一介の宿泊客に、さらっとそんなことが出来てしまう

くにこさん。

その懐の大きさには舌を巻くばかり。

そして、色々お世話になったから。

と、ほんの気持ちのつもりで渡したキーホルダーを見て、

涙ぐんだくにこさん。

どれだけ心が綺麗なんだ。

こんな優しさに触れたら、自分がどんなに小さいかを

思い知らされる。

自分の周りの人を幸せに出来たら、

そんな幸せなことなんてないなぁ。。。


なんて、想いながら、アメリカ最後の夜は

更けていく・・・



次の日、何だかすっきりした気持ちで迎えた朝。

LAXからはおなじみユナイテッドがぁたくすを

日本まで運んでくれます。

↓西海岸の玄関口。
P1210222.jpg


今回も沢山の出会いと思い出ができた旅でした。
 
↓またいつかくるよ!
P1210229.jpg




帰ってから、前回の世界一周のたびを、

お話会という形で、地元和歌山で開催しました。

次回はその記事をお楽しみに。
スポンサーサイト
[ 2012/05/14 23:26 ] アメリカ・西海岸 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。