スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイ観光記2 ’アユタヤー’

タイの有名観光スポットといえば、”アユタヤー”がありますね!

聞いたことがある人も多いんではないでしょうか?

バンコクの北約80km、川に囲まれた町アユタヤーは1350前から

417年間、5つの王朝、35人の王が君臨したタイの古都。

その後、ビルマ軍に侵略されて建造物の多くは徹底的に破壊され、廃墟として化してしまっている。

現在は遺跡の町として、観光化されている。


小さな町で、自転車でも容易に回ることが出来るので、レンタサイクルで

ウロウロしてみた。

↓なかなか様になっているじゃありませんか
 楽しかったんで調子に乗って花つけてます

cyari_convert_20110330182723.jpg




1番の見所は破壊された仏像が並ぶ、「ワット・プラ・マハータート」

アユタヤーの象徴ともなっている、頭部だけ切り取られ、木の根に取り囲まれてしまった仏頭に

会いに行ってきました。

↓神秘的な雰囲気
kao_convert_20110330183216.jpg


↓赤茶けたレンガが今までの遺跡と違い新鮮だった

ayu-1_convert_20110330182429.jpgkubinasi_convert_20110330183407.jpgayu-2_convert_20110330182545.jpg




それから次は「ワット・ロカヤスタ」

広々とした草原に全長29mの寝仏像が横たわっています。

↓ちょっと遊んでみました

asobi_convert_20110330182307.jpg


町を取り囲んでいる川の周辺には数え切れないほどの寺院が点在しています。

しかし、贅沢なもので、これだけ遺跡をみていると段々

ここはもういいかなーなんて気持ちになってくるのよね・・

なので、主な見所だけ回って、帰路につきました。

↓珍しく真っ白なストゥーパだった「ワット・スワン・ダーラーラーム」
siro_convert_20110330183945.jpg



アユタヤーまではバンコク市内から電車で2時間ほど。座席が木で出来た

ローカルな電車で、ちょっとした小旅行気分。面白いことにガラスが嵌められてなく、

窓が全開。雨降ったらどうするんだろう・・・

↓こんなに大きい窓なのに全開。みんな窓からポンポンごみ投げてました
mado_convert_20110330183548.jpg


アユタヤー駅は、線路が目の前にあり、乗客は線路を渡ってホームを移動してて

日本だったら考えられないなーなんていう光景だった。

eki_convert_20110330182926.jpgkannban_convert_20110330183041.jpg



↓お隣の優しいタイ人にお菓子をもらった
okashi_convert_20110330183804.jpg

綿菓子のような砂糖菓子で、クレープのような生地に挟んで
食べる。素朴な甘さで美味しかった。



タイは本当に楽しい国だった。タイの人々は皆優しく、ゆったりとした空気が流れている。タイ料理も美味しく、

宿を出たら毎日沢山の屋台が出てて、本と毎日が日曜日みたいだった。もちろんそれは、旅行者としての

目線で、現地で暮らす方たちとはまた違う受け取り方なんだろうけど、たった2週間弱で、タイが

大好きになってしまいました。是非またこの人と人の距離が近い町に戻ってきたい。
スポンサーサイト
[ 2011/03/31 11:29 ] タイ | TB(0) | CM(11)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。