スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とっても大事なことなのに・・・

ようやく本来の目的であった、

パラグアイ行のバスに乗り込んだぁたくす。


アルゼンチンのバスチケットは、

とどまるとこを知らずに毎年上がり続けているのだが、

今回20時間の移動で570ペソ(約10000円)もしやがった。



旅人が毎日を質素な食事で倹約してたとしても、

これでもう一網打尽デスネ!


ブエノスのバスターミナルは、ほんま驚くほどデカイ。

何せエントランスからぁたくすのバスの乗り場まで、

有に15分くらいかかるのだ。

↓何台ものバスが発着する
P1270392.jpg


それでもまぁ、無事に乗り込み、バスは出発。

P1270393.jpg



これほど何社もあるもんだから、

競い合ってサービスも上々しとると聞いてる。


なので、楽しみにしてたのは夜ご飯!

そう、バスの中で、飛行機のように車内食が出て来るのだ。


そろそろ腹の虫が抑えきれなくなった21:00頃、

ようやくスタッフがお弁当を運んでくる。


何かな何かな♪



四つに仕切られた箱の中は。。。






パン×4。






………






確かに少しずつ形状は違いますが、全てパン!!




こ…これだけっすか!?

自失茫然。




チキンに野菜に~なんて想像してたので、

そのショックは計り知れない。

それでも、食べておかなければ。

とミートパイみたいなのを一口食べた。


はぁぁぁぁ。


ザ・肉!肉の味のみのミンチ!



隣のおばちゃんは、

何とパンにパンを挟む荒技をしてみせる。



もしょもしょ食べ始めたその時。

スタッフがアルミホイルに包まれた何かを配り始めた!


ですよね!
良かった!!




このパンは、炭水化物であって、ちゃんとおかずはあるんだわ。

そして、更に嬉しいことにそのアルミパックは温かかった。

やっぱ食事は温かくないとね?。


何かな何かな♪


今度こそ野菜とたんぱく質~!

と思いながら蓋を開けると、


目に飛び込んできたのはだった。



…………・・・・・。





ののの…no more炭水化物!!





びっくりしすぎて、笑えてきた。

よくよく見ると、米の上にチキンの揚げたものが乗っている。

パンの中にはミンチ。



なるほど…

肉×炭水化物。

アルゼンチンらしい…


しかし一万円だしてこれですかー。

もうちょっと頑張れよー。

パンの中のミンチも全く同じ味にしてないで、

トマトで煮るとかスパイスで炒めるとかチーズ入れるとか、

何ぞ手段はあるだろうよー!!



いやいや、ジャパンの

常識に照らし合わせたらいけません。

ここはアルゼンチン。



皆、気にしてないのかなーと思ったら、

ぁたくすのお隣・前後の方々、

皆さん綺麗に平らげてましたわよ。



失礼しました(T_T)




ぁたくすは結局チキンとパン一つだけ

食べたんですがね。

口の中がパサパサして仕方ない。


飲み物!

潤いをくれ!



ツバを飲み込みながら我慢すること約10分。

ようやくカップが回ってきた!

待ってましたよ!


本来ならばここで水とかお茶とかなんだけど、

それももう分かってるさ。

きっと甘ったるいファンタみたいな炭酸ドリンクなんだぜ!

と思ってたら、きっとオレンジ果汁は1%すら入ってないであろう

炭酸オレンジがやってきた。

余計のどが渇くだろうが!




……だってここはアルゼンチン!



はぁ。

ようやく胃袋を満たす行為がおわって、

今度はゴミを引き上げてくんねーかなと

ゴミをコンパクトにまとめていたところ、

ふと妙なことに気付いた。

夕方に持ってきてくれたドリンクのカップと大きさが違うのだ。



あー、なるほどね。

ご飯食べてる時は、喉乾くから、

ちょっと大きめのがいいよね
って、

そういうことよね。



………・・・・・・・・・


そんなとこに気を遣ってくれるなら、

食事内容にもっと気を回して下さい!

お願いだから!



頼むぜアルゼンチンー!

悲痛な叫びは誰にも届くことなく、夜は更けて行くのだった。


↓あ。写真で見るとまだ美味しそうだね・・・
IMG_0240.jpg

↓アルゼンチンの気遣い
IMG_0243.jpg



世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
だってここはアルゼンチン!!
一票お願いいたしまっす!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周


target="_blank"> border="0" alt="トリップアドバイザー">
target="_blank">フェアバンクス観光


シャンダラー ランチ 口コミ
情報


スポンサーサイト
[ 2013/05/08 22:16 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(7)

やることいっぱいブエノスアイレス。

さてさてさて。


ブエノスではやることいっぱい。

まず、今回の目的地、

パラグアイまでのチケットを取得しなきゃ。


その前に両替して、

何度もメトロとバスに乗るから、

例のカードSUBEを手にいれて…

そして、アメリカ人の友人に会う約束してるから、

空港まで往復しなくてはいけない。



ばたばたばた。

ばたこさん。




SUBEは日本旅館のすぐ近くにある。

ほんの10分ほどで作れると聞いてたので行ってみると、

長蛇の列!

どうやら、郵便局のような仕事も担ってるらしく、

永延人は来る…



まぁ無事に取得出来たからヨシ。

午後には閉まっちゃってたので、

もし作るなら午前中にどうぞ。

↓そんなOCAという名の店
P1270384.jpg



次はバスチケットだ。

ブエノスのバスターミナルは驚くほどでかい。

P1270390.jpg


最初に着いた時、出口が分からなくて、

迷路みたいで困ったのを思い出す。

何百ものバス会社が全て入ってるので、

インフォメーションで聞かないと、途方に暮れる。

↓こんなに会社が入ってる。
P1270346 (2)


↓巨大ターミナル
P1270345 (2)


↓パラグアイ行は、international コーナーにありました。
P1270344 (2)


チケットも買えたし、後は友人に再会だ!




しかしだ。




空港へのバスに乗り込んで、ふと気付いた。

友人たちは、どこに着くんだ…?


ぁたくすは自分が着いた空港へ向かってるが、

確かブエノスには国際線と国内線と二つあり、

しかも国際線の方にも国内線と国際線のターミナルがあるのだ。


三分の一の確立…


南極に行ってた彼らとは、ネット環境がなかった故、

細かくコンタクトが取れてなかったのだ。


あちゃー。

こりゃ会えないカモな…



しかし、もう乗ってしまったものは仕方ない。

一か八か、国際空港の国内線ターミナルで待つ事にした。


エサイサ空港の国内線ターミナルは、とても静かだ。

ぁたくすが降りてきた国際線と違って、人があまり居ない。

利用者が少ないのかなーと思いながら、待つ事10分。



あ。パトリックだ。


何と、無事に何の問題もなく、再会出来た。

日頃の行いがいいからかしら。w


パトたちも驚いてる。

まぁそうだよね。

会おうねーって言ってただけで、

何処でとか、話ししてなかったもんね。


彼らは四時間後にフライトがある。

やっぱり空港まで来て良かった。


今迄のお互いの旅路を話し合って、

また再会を誓って、さよならした。

↓何でもない写真だけど、実は奇跡が重なった一枚。
P1270369.jpg


いやはや、良かった良かった。

全ての予定、コンプリート。

これで心置きなくパラグアイに行けるな。

待っててね、ニャンドゥティちゃん!!


世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
意外とカンって頼りになるのね!
一票お願いいたしまっす~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周


target="_blank"> border="0" alt="トリップアドバイザー">
target="_blank">フェアバンクス観光


シャンダラー ランチ 口コミ
情報
[ 2013/04/26 11:08 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(0)

ようやくアルゼンチン。

いやー懐かしい!

ブエノスアイレス!




空港インは初めてだけど!



イグアスの滝から夜行バスでブエノスに向かったあの日から、

もう一年以上経つんだなぁ…

なんてしみじみ感じながら、

とりあえずセントロへ。



おなじみ、日本旅館の管理人さんに

行き方を聞いておいたので、それの通りに動く。



ますはSUBEだ。

それなぁに?

と仰るアナタ!


もしブエノスに数日滞在するなら、

是非とも作られた方が宜しいですわよ!



まぁいえば、ジャパンのICOCAのようなモノ。

バスでもメトロでも、ぴぴっと小銭要らず。



しかしね、何がいいって、SUBEを使うと、

通常の半額以下で乗れるのだ。



そして、アルゼンチンの公共機関は、


小銭以外使えない。

勿論、お釣りも出ない。

売店でも両替してくれない。
(商品を買っても、お釣りを小銭でくれない。
請求しても、くれない)

銀行でも両替を取り扱ってないとこがある。






…と

どんなけ小銭手にいれるのに
苦労すんねん!



て国なんですよ。



という訳で第一にSUBE!


空港出てキョロキョロしてると、SUBEの文字発見!

よしよし、幸先いいですね。


スタッフらしいオバちゃんに

新しいカード作りたい


と伝えると、NO!


えー、何でー。

やっぱ、久しぶりに使うから

スペイン語がオカシイんだろうか…


しかし、何度聞いてもNO!


ありゃー、出鼻を挫かれたじゃないすか。

仕方ないので、小銭を作ろうと売店で飴を買う。

うー。無駄金…


しかし、別に要らんお菓子を買ったにも関わらず、

売店のにーちゃんは小銭をくれなかった。



そんなら、飴なんか要らねーよ!


困った。

そして、荷物は重いわ、

アルゼンチンは暑いわ、疲れたぁたくすは

一か八かお札でオッケーしてくれる

素敵な運転手さんであることに賭けて
みることにした。




人に聞き聞き、セントロ行き8番バス乗り場発見。

待つこと10分。

目当てのバスが滑り込んでくる。

運転手のおっさんは、

痩せこけた眼鏡の奥の眼光がスルドイお方…

ドキドキしながら行き先を告げる。

そして、キタ支払いの時!!


おそるおそるお札を出してみると、

案の定NO!

でも小銭がない、と必死にアピール。

ぁたくすの後が詰まってたので、

とりあえず中に入れと言われる。

最後のお客さんが終わって、

手招きでよばれ、

運転手は

金払え。
ないなら両替してこい。


の一点張り。


だーかーらー!!


小銭を作ろうとしたよ!
でも出来なかったし!
てか、小銭しか駄目なら両替機を置いとけよ!
お金を払わないって言ってる訳じゃないんやし!
そもそも何で外国から着いたばっかで小銭もってるよ!
両替屋でも小銭くれないのに!
そんならせめてSUBE作れるようにしとけよ!
だから中途半端な発展なんだよアルゼンチンはー!!



と心の中で悪態つくも、表情は

困ってるの。

必死でアピール。




しかし。




おっさんは、両替して次のバスに乗れと、

頑として譲ろうとしない。

次って。

いつ来るか分からんのに、絶対やだ。

押し問答が続き、見兼ねた乗客のおばちゃんが、

ぁたくすの分まで払ってくれた。

捨てる神あれば拾う神あり!


有難うおばちゃん!(/ _ ; )


おばちゃんは、お金を渡そうとしたけど、

受け取ってくれなかった。

何て優しいんだ…

あなたみたいな人が居るから、

ぁたくすは旅を続けることが出来るんです。

ホント、有難う。



バスは、2時間くらいでセントロに着いた。

見たことある、懐かしい景色。

胸がキュッと締まるような

感覚を覚えながら、

ぁたくすの体は喧騒の中に吸い込まれていった。

P1270352.jpg



<ぷちブエノス・アイレス情報>
エサイサ空港からセントロへ
ローカルバスの8番で
所要約2時間。
約7ペソ。(SUBEを使うと3ペソ!)

[ 2013/04/25 13:43 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(0)

見所いっぱいのはずなのに。

サン・カルロス・デ・バリローチェ。

一般的にバリローチェと呼ばれるこの町は

19世紀にスイス人が多く移住したため、

町並みは木造のシャレー風なものが建ち並び、

周りには湖あり、山があり、と周りの景色と

相まって「南米のスイス」と形容されています。



しかしながら、そんなアウトドアスポーツに最適な町に滞在したのは

たった15時間

それというのも、早く次の街、プエルト・モンに行きたかったからなのだ。

そら泊まった宿のオーナーに「え!?たった1泊だけ!?」って言われるわ・・・

きっと1日で出るやつなんて居ないはずだわ。。。


カラファテから夜行で28時間。
   うーん、お尻が平らになっちゃうんじゃないかしら。

宿に投宿したのは夜の11時。

アルゼンチン最後の夜なので、アルゼンチンらしく

ステーキとワインで遅めの夕食。

↓この塊肉がたった300えん。
P1180067.jpg


↓奮発したこのワインもたった120えん。
すばらしい!
P1180073.jpg


次の日は午後1時のバスでプエルト・モンに向かう予定なので、

午前中だけ町を散策してきました。

↓中心となるセントロ・シビコ
P1180080.jpg


バリローチェで最も古い「ジャオ・ジャオ・ホテル」がモデルと

なったらしいパタゴニア博物館。

↓アルプス風の建物。
P1180077.jpg


広場にはセント・バーナードを連れた

写真屋さんがちらほら居て、

一緒に撮れば、まさにスイスそのもの!の写真が出来上がること

請け合いなのですが。。。

・・・撮りたいかなぁ?

P1180079.jpg


↓エライ人の銅像は落書きだらけでした。
P1180081.jpg


↓広場から見たナウエル・ウアピ湖。
釣りにクルーズにキャンプにと、アクティビティーがいっぱい。
P1180083.jpg


そして、バリローチェといえばチョコレート!

大通りには沢山のチョコレート屋さんが並びます。

↓チョコレート職人。
DSCF1098.jpg


赤いカラーが目を引くマムーシュカというお店でチョコGET.

何十種類ものチョコが1つ単位で購入できます。

甘い物好きにはたまりません~

一粒50えんくらいから。

P1180089.jpg
DSCF1080.jpg
DSCF1100.jpg


街自体は数時間もあれば十分だったので、

次回はやっぱり自然を楽しみに来たいなぁ。

<ぷちバリローチェ情報>
○宿情報;Hostel freedom
住所 Gallardo 252
ドミ45ペソ
Wi-FIあり。
キッチンあり。

多国籍の人が入り乱れるなかなか濃厚な
雰囲気の宿でした。
スタッフは気さく。

FULLで泊まれなかったんですが、この宿も良さそうです。

Hostel la puerta verde
Quaglla 160
ドミ45ペソ
Wi-Fiあり
キッチンあり
朝食つき

看板がないので分りづらいですが、チャイムを鳴らすと
おばさんが2階から顔を出してくれます。

○交通情報;カラファテからバリローチェ
16:00発1本のみ
698ペソ。CAMAタイプ。3食付。


世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
残念なバリローチェ滞在に
一票お願いします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
[ 2012/01/27 20:59 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(0)

これぞ大自然!!

文字色パタゴニア地方は、南米でも更に南のほう、

太平洋に流れ込むコロラド川を境に、ほぼ南緯40度以南の

地域をいいます。

日本でいうと、東北地方から、さらにサハリンの先までくらい



南北に連なるアンデス山脈を境にチリ側とアルゼンチン側に

分れ、気候・地形ともに様々な特徴があります。

雄大な自然の宝庫であるパタゴニア。

国立公園の数は、チリ・アルゼンチン含めおよそ30箇所。

珍しい動物・登山家たちを虜にする山々、

まるで人の侵入を拒否してるかのような氷河などなど、

限りない魅力にあふれています。



そんな中で、最も外せないのが、アルゼンチン側に位置する



ロス・グラシアレス国立公園の
ペリト・モレノ氷河。




もともとパタゴニアに来る予定がなかったのを、組み込んだのは、

旅人にここの写真を見せてもらったからなのでした。



チリ側のプエルト・ナタレスからアルゼンチン側のエル・カラファテへ。


この辺りはチリとアルゼンチンを行ったりきたりするので、

無駄にスタンプが増えますね・・・




ロス・グラシアレス国立公園の拠点となるエル・カラファテ

山と湖に囲まれた小さな街。

↓アンデスの山々に囲まれた小さな町。
P1180047.jpg


約6時間ほどの移動で一気に気温が上がりました。

今まで寒かったのが嘘のように暑い。

着いて早々、また宿とツアー探し。


ここでは、有名な日本人宿、FUJI旅館があります。

色々情報がもらえるということで、宿泊予定だったのですが、

予約が出来ないので、着いて電話してみるとFULL.



きたーーー!ここもだーーーーー!!



仕方ないので、他のいい宿を紹介してもらって、電話を切る。

しかし、その紹介された宿を筆頭に

5件近く回った全ての宿がFULLだということは

この時はまだ知る由もなかったのだ・・・




街中をうろうろしてると、ウシュアイアの宿で一緒だった

たくやくんにばったり会った。

なので、一緒に宿探して、無事投宿できたその後はすぐに

ツアーの申し込みに行く。

↓カラファテの中心街
P1170804.jpg





ペリト・モレノのツアーは主に3つあって、

バスから見学するツアー、船で氷河を見上げるツアー、

氷河の上をトレッキングするツアー。




ブエノスで会った旅人に高いけど、氷河の上を歩くほうがいいと

思うよ、と聞いていたので、迷わずトレッキングツアーに。

これはミニとビッグと2種類あるのですが、ビッグのほうは何と1週間待ち!

ミニでも1日待ちでした。

うーん、パタゴニア恐るべし・・・

でも無事に予約できたし、初日は町をぷらぷらして過ごしました。


そうそう、この町のカラファテという名前。

実は果実の名前なんです。

ブルーベリーに似たこの果実はこの町の名物。

ジャムや紅茶などがおみやげで売ってます。

ぁたくすはカラファテ味アイスをチョイス。

↓人気なのか、殆どなかった
P1170775.jpg


↓見た目もブルーベリーそっくり。
ブルーベリーより甘みは少なくて、あっさりした味。
とても美味しかった!
P1170776.jpg


↓これがカラファテの実。
P1180036.jpg




さて、そして待ちに待ったツアー当日。

宿の前にピックアップのバスが来ます。

走ること約2時間。

最近見飽き気味の広大なパンパを眺めてたら・・・

P1170814.jpg



おや?

あれはもしや?



きた!
P1170819.jpg



きた!! 

P1170816.jpg




キターーーー!!
P1170822.jpg


ちょっと、ほんとすんごい。

国立公園に入ってからはカメラのシャッター切りまくり。

しばし、美しい氷河をお楽しみ下さい。

P1170829.jpg
P1170835.jpg
P1170839.jpg
P1170865.jpg



この素晴らしい青は、雪の結晶が溶けたものに、

圧力がかかってできた氷河の氷は気泡が少なく、

非常に透明度が高いため、青い光だけを反射し、

他の色は吸収してしまうが故らしい。




ほんと神秘的で、その姿を前に、言葉を失います・・・

うーん。綺麗だ。

まるで誰かがブリザド系の魔法をかけたかのようだ。




さて、国立公園の後は、メインの氷河トレッキング!

船で近くまで行き、アイゼンをつけてもらいます。

P1170883.jpg


↓ここでも、キターーー!
P1170893.jpg


↓何だか本格的なキブン。
P1170912.jpg


↓これで踏まれたら痛そうだ・・・
P1170976.jpg


さーて、装着完了でいざしゅっぱーつ!

P1170918.jpg


ガイドさんの後に続き、氷の山を登ります。
P1170902.jpg
P1170925.jpg

雪山とはまた違う、氷の山!

そこをトレッキング!

これはなかなかほかでは味わえない体験だったと思います。

P1170939.jpg
P1170940.jpg
P1170997.jpg



↓どのくらい深いんだろう?
この部分だけ、何かの理由で太陽光が強く当たり、
他より溶けるのが早いんだそう。
P1170964.jpg


氷河を流れるナチュラルな水を飲んでみました。

↓つめてー!
P1170951.jpg


↓でもウマっ!
P1170948.jpg


この素晴らしい風景が写真でも伝わればいいのになー。

なんて、毎回思います。

↓氷河サイコー!
P1170971.jpg


約1、5時間ほどのトレッキング後にはなんと、

ウイスキーでの乾杯つき!


氷河の氷でオン・ザ・ロック!!

なんて素敵!!

↓これぞ究極のロックだ!!
P1180019.jpg
P1180014.jpg
P1180024.jpg


いやいやうまい。

これはうまい。

しあわせ~!

↓1番右の人壊れました。
P1180030.jpg


なかなかに高いツアー代を出しても行く価値ありでした。

お財布に余裕があるなら、オススメします!!


↓おまけ。
牛柄の馬。
P1180053.jpg


<ぷちエル・カラファテ情報>
交通情報;プエルト・ナタレスからエル・カラファテZaahj社 12000ペソ。午前7時発。
所要約6時間。

宿情報;Estoella cereste
Wi-Fiあり。
キッチンあり。

バスターミナルを南方のBuenos Aires通り
を歩くと数件安宿が集中してます。その内の一軒。
民泊タイプなので、色々制約がありました。
手洗いでの洗濯禁止。(洗濯1kg 20ペソ)
キッチン使用時間の規制。
チェックアウト後の滞在は20ペソ要。
などなど・・・

ペリト・モレノのツアーどこのツアー会社で申し込んでも料金は一律。
ミニトレッキングツアーで540ペソ。
ランチはついてません。何か持っていくのがベター。
これ以外に国立公園の入場料100ペソ。
アルゼンチンの学生のみ、学割で15ペソになります。
朝8時ごろ出発で、帰り午後6時ごろ。

世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
氷河って綺麗!と感じたなら~
一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周


[ 2012/01/25 13:57 ] アルゼンチン | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。