スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

未知の島のこれから

ガラパゴス4日目は何と5時半起き。

昨日、どんなに気持ちいいからって星空眺めてないで

早く寝たら良かった。。。

なんて後悔しながらも観光に出発。

↓朝日は最高に綺麗でした。
P1100995.jpg
P1110029.jpg


今日はサンタ・クルス島を散策。

上陸して早々アシカの群れが出迎えてくれます。

そして、ずっと会いたかったリクイグアナを発見!!

↓あぁぁぁ・・・可愛い・・・
P1110001.jpg
P1110042.jpg


ウミイグアナよりも2回りくらい大きいこの子。

オスは1本のサボテンの木を縄張りにしてます。

↓ここはワシのもんじゃい。
P1110004.jpg



この島は赤い色の植物で覆われていました。

雨季になると黄色くなるらしく、

赤色をしているのは今だけなんだそう。

とても鮮やかで綺麗でした。

サボテンが林立する姿と相まって、自分がどこに居るのか

分らなくなってしまう感覚に襲われます・・・


↓不思議な景色だ・・・
P1110016.jpg
P1110027.jpg


↓そしてアシカも居る。更に不思議度が・・・
P1110039.jpg


そうそう、リクイグアナはサボテンを食べるらしく、

あちこちに齧った後が。

↓食べられたサボテン。
P1110011.jpg


あんなにトゲトゲしてるのに、どうやって食べるのかと

ガイドさんに聞いてみると、

イグアナはとても強い舌を持っているらしく、トゲごと

バリバリたべるんだそう。何だか痛そうだな。。。



帰りにアシカの赤ちゃんを発見。

↓うううう・・・可愛すぎる・・
P1110079.jpg


そして一旦船に戻ってから、プエルト・アヨラへ行きました。

BU4-2.jpg

↓船がいっぱい
P1110118.jpg


ここはガラパゴス滞在の拠点となる町で、

ホテルや旅行会社、お土産やさんなどが揃っています。

P1110106.jpg


ここにダーウイン研究所なるものが。

何があるのかというと、ガラパゴスゾウガメを見ることが出来るのです。

↓今もガラパゴスを見守るダーウイン像
P1110110.jpg


↓居た居た、亀さんがいっぱい
_1110142.jpg
_1110145.jpg



実はガラパゴというのはスペイン語で「亀」という意味で、

最初にここにたどり着いたスペイン人は余りに亀が沢山

居るのに驚いて、ここを「亀たちの島」=「ガラパゴス」と

名付けたらしい。

しかし、格好の蛋白源であったゾウガメたちは乱獲され

その数は100万頭とも言われるらしい。

そして、唯一1匹生き残った、ガラパゴスゾウガメの

ロンサム・ジョージ

子孫を増やそうと、懸賞金までかけて

お嫁さん探しが行われたのだけどジョージにその気がなく、

彼が死ぬとまたこの世から1種の生物が消えてしまう。。

↓最後の1匹だなんて、ジョージは知らないんだろうな・・・
P1110156.jpg


その他の亀たちはすこしずつ増えてる模様で、小亀たちが

沢山居ました。

↓甲羅に番号が書いてあって、ちゃんと管理されてる模様。
P1110163.jpg


昔はここは動物たちの楽園だったろうに、1978年にガラパゴスが

世界遺産に登録されてから、それまでに比べたら

10倍ほどに訪れる人が増えたのだそう。

それに伴い、ガラパゴスで働く人の数が増え、

そうなるとその人たちの家が出来・・・。

段々ガラパゴスの生態系が崩れていった。

深刻なゴミ問題も出てきて、

動物たちはゴミとの共存を強いられるようになった。


でも、人間はやっとそれに気づき、

今は保護を呼びかける声が高まっている。

↓ゴミがいっぱい。
P1110114.jpg


↓でもちゃんと分別されていた。
P1110117.jpg


きっとこれから先もガラパゴスを訪れる人の数は減ることはないだろう。

動物たちの楽園をこれ以上かき乱さないように一人ひとりが

節度ある旅行を。と思った旅でした。

↓街中の魚屋さんで魚をねだるペリカンとアシカ。
P1110100.jpg
P1110104.jpg
P1110134.jpg





世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
ガラパゴスに関係なくとも地球を大事にと
お思いなら~
一票お願いいたします~↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
[ 2011/11/02 12:23 ] ガラパゴス諸島 | TB(0) | CM(2)

島々の固有種

ガラパゴス3日目。

今日は島々の丁度真ん中辺りに位置する

バルトロメ島

やってきました。

BU3.jpg
     ※ウイキペディアより拝借


↓島の周りにはガラパゴスペンギンが。世界で3番目に小さいらしい。
P1100832.jpg


望遠レンズを持ってないことが悔やまれますが・・・

よちよち歩きにくそうに動く姿が可愛かった!


アオアシカツオドリ。鮮やかな水色の足を持つ鳥さん。
P1100843.jpg

これまた望遠レンズが無いので、写真だと鳥が何処に

いるかさえ分りづらい。。。

↓のでウイキペディアより拝借
SulaNebouxi[1]




この島では荒々しく噴火の跡を残したままの、

独特の火山の景色を思う存分味わうことができます。

パルサントという植物が島を覆う。
P1100873.jpg


この島は頂上まで歩道が設けられており、

よくガラパゴスを紹介するときにガイドブックに載っている、

あの景色を見ることができます。


↓目の前にはサンタ・クルス島が。
P1100899.jpg


↓遊歩道の周りは最後の噴火より手つかずのままになっています
P1100882.jpg



↓クルーズ仲間とパチリ。
P1100914.jpg


↓カラフルなバッタ発見。
P1100875.jpg


↓イモリ発見。のどの部分が赤い。
 この子もガラパゴスの固有種かな。
P1100876.jpg





その後一旦、昼食を摂りに戻り、

次はサンタ・クルス島東側にある小さな島、

プラザ・スール

亀と鮫を見に行きました。

ボートで葦に似た植物で覆われた入り江のような所へ進んでいきます。

まるで映画のアナコンダのよう。

アマゾンに迷い込んだみたいです。

ガイドさんに「しーっ」とジェスチャーされ、

皆で固唾を呑んで水面を見守ります。

P1100957.jpg



すると、ボートの近くを優雅に泳ぐ、ブラックシャークと亀の姿が!

呼吸時に水面に顔を出す時がシャッターチャーンス!!

↓気持ちよさそうに泳いでます。
P1100973.jpg


↓写真上方に鮫が。分りにくいですが。。。
P1100963.jpg


何万年も前から変わらずここで生きているんだな。

と思うと、本当にお邪魔してます・・・

という気持ちになります。


帰り際、船がペリカンに襲われていました。

↓ご飯のいい匂いでもしたのかな~
P1100928.jpg
P1100939.jpg
P1100944.jpg


楽しいクルーズも明日で最後。

本当に時間が経つのは早い・・・

↓最後のディナー。
 仲良くしてもらったアメリカ人のご家族。
 エリザベスとお母さん。
P1100975.jpg




夜に甲板の上に出てみると、満点の星空に満月。

波音以外には何も聞こえなくて、

少しの間夜風に吹かれていました。

P1100984.jpg




世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
だんだんガラパゴスに行きたくなる~
という訳で、
一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
[ 2011/11/01 12:25 ] ガラパゴス諸島 | TB(0) | CM(0)

変ないきものたち

ガラパゴス2日目。

今日は北東に位置する、ヘノベサ島へ行きます。

BU2.jpg
   ※ウイキペディアより拝借

↓ボートで対岸まで。
P1100707.jpg


まず上陸して、お出迎えしてくれたのは、沢山の鳥さん。

P1100655.jpg




↓ 「あんた誰?」
P1100658.jpg


人間が居ることに慣れっこなのか?

はたまた、ここは自分らが主なので、動く必要ないからか?

真横を通っても逃げない。

↓人間の横を歩いてます。
P1100666.jpg


この島には沢山の種類の鳥さんが居ました。

アカアシカツオドリ
 真っ赤な足がめちゃ綺麗でした。ここでしか見れないらしい?
P1100679.jpg


↓名前分かりませんが・・・ふわふわした毛がめっちゃ可愛かった。
P1100669.jpg
P1100689.jpg


↓らぶらぶだった2匹
P1100703.jpg


↓ウミイグアナがコロニーを作っていた
P1100685.jpg


きっと・・・

何万年も前から変わらないであろう

足場の悪い大地を歩きます。
P1100693.jpg


↓サボテンにもジンセイが。
P1100774.jpg




それから、今日はウェットスーツをレンタルして、

海に入ってみようと思います。

残念ながら曇っていたので、

ありえないくらい寒かったんですけどね。

↓果敢にもチャレンジ!
P1100949.jpg


流石、綺麗な海は海の中もとても綺麗。

鮮やかなブルーのヒトデや

レインボー色したお魚さん 
など、いろんな種類の生物が居ました。

うーん、水中カメラを持ってないことが本当に悔やまれる~・・・



その後は島の反対側の対岸をまた散策。

ビーチにはアシカちゃんがごろごろしてました!

↓うぅ・・・可愛すぎる・・・
P1100817.jpg


↓素晴らしい眺め!
P1100784.jpg
P1100793.jpg


↓サボテンの奥に居た赤ちゃん鳥。
P1100771.jpg


↓この島にも変な鳥さんがいっぱい。
P1100737.jpg
P1100730.jpg


↓どの島でも見かける通称「ガラパゴスの鳩」(勝手に命名)
P1100789.jpg


↓綺麗な花を咲かせるサボテン
P1100758.jpg






残った時間は鮮やかなブルー海が広がるのビーチで、

呑気に寝転がるアシカちゃんを眺めながらのんびり過ごしました。

今日もいい1日だったなぁ。

P1100780.jpg



世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
こんな変わった生物に出会いたいと思ったら~
一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
[ 2011/10/31 12:55 ] ガラパゴス諸島 | TB(0) | CM(2)

来たぜ!夢の島!!

エクアドルの沖合い約1000kmの

太平洋に浮かぶ約20の島の島の総称。

それがガラパゴス諸島。
巨大なガラパゴスゾウガメや海草を食べるウミイグアナなど、

自然に適応した希少な固有種が生息しています。



1835年にガラパゴス諸島に立ち寄った

イギリスの自然科学者、チャールズ・ダーウィンは

島ごとのガラパゴスゾウガメの変異や生物の多様性に気づき、

それがいわゆる「ダーウィンの進化論」なる「種の起源」

発表することと相成りました。


小さい頃から耳にしてましたよ、ガラパゴス諸島!!

4泊5日のツアーで$940と、

倹約パッカーにあるまじきな料金ですが、

たぶん一生に一度だろうということで行って参りました!

みーえーたー!
P1100545.jpg


空港からはツアーのシャトルバスで船着場へ。

↓この船に5日間お世話になります。
P1100865.jpg


初日は着いてすぐ、ガラパゴスの拠点となる

サンタ・クルス島を散策。

P1100608.jpg


ここには会いたかったガラパゴスウミイグアナが居ました。

グアヤキルで見た子よりもかなり小さく、真っ黒。

鼻から潮を出すとき、それが自分の顔にも

かかることがあって、頭の部分が真っ白に

なっているという・・・

何だか間抜けで可愛い・・・

↓しかし相変わらず動きませんねー。
P1100563.jpg
P1100609.jpg


それから、ピンクフラミンゴも居ました。

時期が違うのか?数匹でしたが。

ずっと顔を水に突っ込んでいました。

↓お食事中~
P1100582.jpg


それから見たことない種類のカニさん。

ガイドの方はレッド・クラブと呼んでました。

そのままやな~。

↓美味しいんだろうか・・・
P1100565.jpg



澄み渡るビーチで泳ぎたい人は遊泳。

暖かい雰囲気のガラパゴスですが、

水はめちゃめちゃ冷たい!

日本の5月くらいの水温です・・・

挑戦してみましたが、寒すぎて

不可能だったため、またのんびり島を散策しました。

↓太陽の光が反射してめちゃめちゃ綺麗~
P1100587.jpg


↓同じ部屋のリズと。
P1100605.jpg


↓鳥の大群発見!海に飛び込んで
 エサを捕っていました!
P1100588.jpg


↓く・・・首の位置がおかしいですよ・・・?
P1100592.jpg


↓ペリカンさん。頭でかっ!
P1100601.jpg


↓近づいても逃げない・・・
P1100600.jpg


夜は船内で乾杯と待ちに待ったディナーです!

↓テーブルセッティングが可愛かった。
P1100641.jpg


↓ビュッフェスタイルのディナー。
 野菜がふんだんに使われていてめっちゃ美味しい!これは
 楽しく過ごせそうだ~なんてゲンキンなぁたくす。
P1100643.jpg


部屋には個々にシャワー・トイレが付いててなかなか快適。

楽しむぞ~ガラパゴス~!!
P1100636.jpg

<ぷちぷちガラパゴス情報>
ガラパゴスへは、私のようにクルーズで行く場合と
個人で行く場合とがあります。
クルーズに参加するには、
キトかグアヤキルにある旅行会社で申し込むのが
手っ取り早いですが、現地で申し込む事も出来るようです。
クルーズによって、訪れる島が
違うので、その辺も考慮して決めるといいと
思います。クルーズのメリットは自分で行けない島を巡ってくれる
ので、そこにしか生息しない動物を見る事が
出来るという点です。

拠点となるサンタ・クルス島のプエルト・アヨラには
沢山宿があったので、泊まるところには困らないかと
思います。
安宿は事前に調べる必要があると思いますが。
個人で行ける島は、
イザベラ島、サンタ・クルス島、サン・クリストバル島の
3つで、この間は船で渡る事になる模様。
片道US$20ほど。

ちなみに2011年10月現在での
航空券の値段は、
TAME航空、グアヤキルーガラパゴスーグアヤキルで
US$290。TAX込みで330でした

世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた~
悩んでるけどやっぱり
ガラパゴスへ行ってみたい!なんてお思いなら!
一票お願いいたします~
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
[ 2011/10/30 14:58 ] ガラパゴス諸島 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。