スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楽しい楽しい・・・?モンテネグロ。

モンテネグロとは・・・

ヨーロッパの南東部、バルカン半島に位置する国。

セルビア・モンテネグロを構成する2つの共和国のうちのひとつであったが

2006年に独立。

旧ユーゴ圏の中で、最後まで、セルビアと共同体を作ってた国です。
(コソヴォは、まだセルビアが独立を認めてないため)

面積は福島県と一緒くらいなんですが、狭い国土の中に

国立公園を4つ、293kmにわたる海岸線のうちの73kmはビーチであるなど、

魅力的な観光資源に富んでいます。西側はアドリア海に面していて、

世界遺産に登録されてる町、コトルなどがあって、なかなか見所もありそうです。

が。

アドリア海沿岸はこないだクロアチアで行ったし、場所的にも戻るような形になってしまうので、

そこはスルーして、とりあえず、首都のポドゴリッツァに行きました。
(こないだのセルビア料理といい、新しいピザみたいじゃないですか?笑)

しかし、事前に仕入れた旅人からの評判はあんまり興味をそそられるものではなく。。。

人が、ではなくて「何もない」らしい。

なので、1泊はせずに駅に荷物を預け、観光して夜行で次の町へ行く。

というパターンを取ってみました。

  それが功を奏するか・・・

まず、首都の駅。

↓これ。
monte-eki.jpg


そして、街の中心となる広場。

これ。
monte-hiroba.jpg

それから、一番の繁華街と思われる通り。

これ。
monte-mati.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

         何もねぇ。し、人もいねぇ。

あ。断っておきますが、わざと人が居なくなるのを見計らって撮ったわけじゃないですよ?

ちなみに撮影時刻、午前10時くらいです。

日本のどこぞの田舎のような雰囲気でした。
  あら、何だか懐かしい・・・

しかし、あまりにも時間があるので、結構距離のある美術館まではるばる歩いて見に行って、

後は一応存在した(失礼)ツーリストインフォでモンテネグロ料理を

食べれるところを聞いて、残りは河原でぼーっとしたり、公園で昼寝したりしてました。
(何しにいったんでしょうね。)

↓公園にいてたたぶんエライさんの像。
monte=zou.jpg

↓河原にかかってた、少しかっこよかった橋。
monte-hasi.jpg


なので、モンテネグロの記事での一番のハイライト。

1国1レストラン運動~モンテネグロ料理~

モンテネグロの料理はかつての宗主国であるトルコ、

ハンガリー、オーストリアのほか、アドリア海をはさんだ向かい側のイタリアの影響を受けています。

アドリア海沿いでは、典型的な地中海料理もあるみたいなんですが、基本的に

内陸国のモンテネグロ、肉料理が中心です。

↓またもや意味不明なキリル文字を解読
IMG_5168.jpg

↓スタッフの方がオススメだという、羊とじゃがの煮込み
monte-rest-.jpg

驚くくらい全く臭みのない羊さんでした。1日5時間かけて煮込むそうで・・・

↓豆とソーセージの煮込み。
monte-rest2.jpg
女性に必須、豆料理!肌綺麗になりそうだわ。w

煮込みまくりですね、モンテネグロ!

今まで、色々な国を食べ歩いてきて、この辺りの料理はどこも似ているなという結論に落ち着きました。

がっつり、そして濃い。

暑い中歩き回った後の栄養補給にはぴったりですが。

さて、そんなこんなで終わったモンテネグロ。次の国はマケドニアです。

旅人の皆さん、もしかしたら?ポドゴリッツァは半日で十分かもしれませんよ・・・



世界一周ランキングに参戦中~
ここまで読んでくださった素敵なあなた!
何もないポドゴリッツァですが、人はとてもWELCOMEな雰囲気だった
モンテネグロに一票お願いします~
ブログを更新する励みになるので、ぽちっとクリックお願いいたしやす・・

↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↓↓↓  携帯の方はこちらからお願いします。
にほんブログ村 世界一周
スポンサーサイト
[ 2011/08/08 21:41 ] モンテネグロ | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。